SpringStar★

ドラマ感想日記~拘りを持たず程よく頑張る。ゆっくり急ぐ。

古見さんは、コミュ症です。 第7話(感想)古見さんが喋りだしたぞ♪

f:id:vividlemon:20210908212403j:plain

次回が文化祭ってことでもさらに盛り上がるのだろうけど、
文化祭の前日が大盛り上がりだったとはね。(笑)

準備しているときの方が楽しいってことはあるとしても、
準備だけでなく肝試しやら花火やら・・まさかの前夜祭状態となっていたとは。(笑)

それにしても今回、切ないものを観てしまった思いが強かったなぁ。

万場木(吉川愛)さんと古見池田エライザ)さんの意中の人というのは、
今までなんとなく分かっていたわけでもあったが、
只野(増田貴久)のなんと罪づくりなことよ・・・。(笑)

古見さんを気遣った万場木さん大丈夫かね?

わざと無かったことにしたことでも、
なんだか健気なことでも万場木さんがさらに好きなってしまったなぁ。

(ビジュアル的にもねw)
(もちろん可愛いらしさは古見さんなんだけど。)

しかし、古見さんと只野くんの以心伝心ぶりも楽しいかったし可笑しかったなぁ。
まるで只野の背中に目がありそうでもあってさ~
どんだけ気になってんだよ~~ってなものだったけど、
針がチクッってなるアレ・・・痛たたたぁ~だよ。

このあたりの毎度のナレーションもよかったわけだが、
一刻一刻古見さんの気持ちを表現しているもツボだけど、
古見さんが思いを垣間見れるカメラワークとなっていたのもツボったね。

そんなことでも可愛らしい古見さんがいっぱい観れたから満足度はかなり今回も高かった。

切ないといえば成瀬(城田優)もだったけどね。
文化祭要員というか賑やかしだけでなくって、彼の内面まで描かれていたのもよかった。

さて、次回の文化祭もさらに楽しみだ~。

TOP