SpringStar★

ドラマ感想日記~拘りを持たず頑張りすぎず自分らしく~

べしゃり暮らし 第2話(感想)小芝ちゃん可愛い♪

f:id:vividlemon:20190729080140j:plain

これは傑作かも?

ともあれ納得させるものがあることでも、見応えも十分だったし、これなら楽しめそう。

しかし、初回の漫才ネタにはとても笑えなったことでも、つまらないなぁ~と思うばかりだったのだけど、
つまり、、勢いだけで煽るという演出がどうも目立っていたことでも、
今回、、内容が伴ってきたから、(漫才ネタもそこそこ面白い)けっこう引き込まれてしまった。

まぁ、相変わらず、、圭右(間宮祥太朗)の一方的な言動がキツイのだけどね。
そのキツサも物語とマッチしてきたことでも、(慣れもあるか)それほど気にならなくなってきたからよかったなぁ。
気にならないというより・・先輩芸人さんたちと対等なやりとりへとなだれ込んだことでも、
イニシアチブを自然と得なければならない役どころとなったのがよかったと思う。

主人公が対等に話をしだすという流れは、やはりうまいと思うわけだけど、
下っ端なやりとりはどうしても、やはり全体的なイメージを一方的なものにしがちでもあるから、成り上がり君がしょぼしょぼ君になっちゃったら困るわけだね。(笑)
特別な存在へと圭右にうまいこと付加価値がついたことでも、おバカまっしぐらさが、そのまま生かされていくことになったので、けっこう物語的にはいい流れでもあったなぁ。
(物おじしない成り上がりな圭右の魅力が今作の魅力の一つでもあるからね。)
(勢いが無くなっちゃったら、、魅力も半減)

で、コンビを組んでいた静代(小芝風花)であったわけだけど、
やはり惚れちゃったかぁ~というのは、納得であったなぁ。
芸は身を助けるが、、身を亡ぼすこともあるってことだね・・などと思ってしまう。(笑)
とにかく芸とはなかなか一筋縄ではいかない世界のようだが、
先輩芸人さんたちも、、おバカパワーに刺激されて活性化したみたいで、、なんだか迫力というものが垣間見れたのも、、なかなかのものがあったなぁ。

見応えも十分なことでも、、小芝ちゃんの成り切ってる感じもいいことでも・・
CMにもどんどん採用されてきたことでも、ウンウンと言いながら応援している私であった。(笑)

それにしても話は変わるけど、、NHKのトクサツガガガみたいな某NHKドラマになってるかね?

TOP