SpringStar★

ドラマ感想日記~拘りを持たず頑張りすぎず自分らしく~

ルパンの娘 第3話(感想)

f:id:vividlemon:20190712115206j:plain

いやいやかなり興奮してしまったけど、こんなのが作れちゃうとは、、侮っていた今作。(笑)
それにしても、和馬(瀬戸康史)の本格アクションが観れるとは思わなかったなぁ。
(1話のときもそんな気配が感じられていたのだが・・。)
ちょい緩いドラマだから、どうせアクションシーンも緩いもんじゃないのかと・・、
高を括っていたら、キレッキレなアクションを魅せるとはね~。(笑)
前回のマツ(どんぐり)といい、今回の和一(藤岡弘)の真剣白刃取りな華(深田恭子)といい、こりゃ~本格的なやつじゃん。

華(深田恭子)の婿に・・
いや、、三雲家の婿としての裁量を見極めている尊(渡部篤郎)もよかったけど、
最後にちょこっと加勢するのも味があってよかったなぁ。
さすがに無駄のない父上。(笑)

まぁ、ともあればあちゃんのマツが仕組んだドロボーホイホイとやらが、
予想外なことになったことでも、あ~どうなってしまうのかと、、ハラハラさせられまくってしまった。

あのテントウ虫も妙に活躍していたのもよかったけど、
美佐子(マルシア)がけちょんけちょんに、
打ちのめされちゃう様子も面白いったらなかったなぁ。

悦子(小沢真珠)には馬鹿にされちゃって・・、
さらに高笑いで去って行っちゃったことでも、かなり痛快で楽しいったらなかった。(笑)
真珠さんがなんてお奇麗なんだろ~~となった。

美佐子さんは華にキャベツを切らせていたが、血を採取してDNA鑑定でもするつもりだったのか?
かなり気に入られたことはよかったのだが、そのへんが心配でもあるかなぁ。

引きこもりハッカー渉(栗原類)の機械的な音声も、意外とツボる。

そんなわけで次回も多いに期待高まる。

意外なことにコレ、フジテレビなんだね~。(笑)

TOP