Spring Star★

気ままなドラマ感想

2012冬ドラマ

最後から二番目の恋 最終回(感想)

「まだ恋は終わらない」ただただ感激です・・♪ラストにかけての千明(小泉今日子)のモノローグがなんとも沁みる・・。「また、どこかで」・・。な~んて言われてしまった後で、千明(小泉今日子)、和平(中井貴一)の帰宅場面で幕を引くなんて・・、もう、…

家族八景 第9話(感想)

「芝生は緑~市川家編~」たま~に見損ねたりしてしまったりするこのドラマ、前回のラストをチラッと見ることができたのはいいけど、ドン引きでした・・。(笑)いや~とても笑えなかったですね。(恐)そんなわけでやはり意外と怖いことが多いように思うけ…

ハングリー! 最終回(感想)

「空腹が人を幸せにする」最終回、英介(向井理)がフランスへ修行し、麻生時男(稲垣吾郎)の用意したお店で賢太(塚本高史)たちと一緒に働く様子を期待していたところもあったけれど、まさか時男が用意してくれたこれ以上ない未来予想図をあっけらかんと…

ストロベリーナイト 最終回(感想)

「こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか ソウルケイジ」3話にまたいで描かれたことからも、なんか間延びしてしまったような気もしてくるけれど、描きたかったことが後でようやくわかったことで、、後から感動がってかんじになってしまったようです。や…

ラッキーセブン 最終回(感想)

「仲間達よ永遠に!」このドラマを振り返ると、かなり突っ込みどころが多すぎるわけですが、今さらにアクション、絆、、が見所ということについて突っ込みを入れるのも意味がないし、違和感いっぱいに新田(瑛太)が途中からいなくなったり、主役かたよりすぎ…

最後から二番目の恋 第10話(感想)

「大人の未来だって、輝いてる」観ている分にはもうしぶんなくおもしろいこのドラマであるけれど、出会い系に手を出したり、ついつい離婚を考えたり、そんな視聴者が増えるのではないかって、思えてしまうかんじもありますね。千明だってやっていたし、典子…

ハングリー! 第10話(感想)

「最後の客を最高の仲間と」今頃、大家が出てきてお店を閉じてほしいと一方的なことを言われ、お店をとうとうたたむ決意をした英介たちだったわけですが、時男(稲垣吾郎)の思わぬ誘いとの葛藤もなかなか見ごたえがありました。どうもこのドラマはうまいこ…

ストロベリーナイト 第10話(感想)

「檻に閉じ込められた親子ソウルケイジ」いやはやこうもこんがらかった内容で、さらに2話3話にまたいでくるというのも、ただただ笑うしかないですね~。これじゃ~ついていける人も限られてくるってもんだけど、視聴率的にも次回、最終回(10分拡大放送)…

ラッキーセブン 第9話(感想)

「恋という名のワナ」ようやくまたおもしろくなってきたというか、これがほんとうの姿なんだと思うけど、しかし、次回は最終話なんですね。新田(瑛太)も戻ってくるみたいだし、かなり期待できそうですが、ようやく所長の父親の件が描かれてきたというかんじ…

家族八景 第7話(感想)

「知と欲」「一日一エントリー」しないとなんかすっきりしないかんじのこのごろ。毎回何かしら書かないと気がすまないというかんじでアップしていこうかと、おもっていたりします。なんかね~ここではどうもドラマや、テレビを観た感想とかを書くことに徹し…

最後から二番目の恋 第9話(感想)

「キスは口ほどにものを言う!」あのキスで、前々からの疑問府が持ち上がってしまったので、今回はちょっと辛口。アラフォートリオの会話は、ためいきまじりの本音トークがあるのに、千明(小泉今日子)は、なかなか和平(中井貴一)に対する気持ちをださな…

ハングリー! 第9話(感想)

「まさか!結婚式で料理対決だ」賢太(塚本高史)の結婚式に、『ガステレア』の看板シェフ柏木(石黒英雄)との料理対決がメインの話だったけど、千絵(瀧本美織)がとうとう英介(向井理)に失恋してしまったことは大きかったですね。拓(三浦翔平)の出番…

ストロベリーナイト 第9話(感想)

「ソウルケイジ」やはり2度は観ないとわからないこのドラマです。事件物は人物名が多かったり、○○興業とか名前も多かったり、短時間にそんな言葉が交差していると、わけがわからなくなります。刑事物ってここがやっかいなんですが、そんなわけで、ちょっと…

ラッキーセブン 第8話(感想)

飛鳥(仲里依紗)の回だったみたいですが、どこが悪いのかなーという内容でした。どうもあまり引きつけられなかったけど、それでも少しはおもしろかったというそんなかんじで軽い感想です。結婚話を絡めての盗聴器が仕掛けられたという話なんですが、飛鳥(…

タイトロープの女 最終回(感想)

「切っても切れない」ドラマ10が民放ドラマと違う点は、いくつかあるわけですが、とりわけ演出の違いは大きいと思う。(脚本もですが)民放の連続ものというと流行り物に徹している分、どうしても雑な俗ぽさのようなものがあるようで、なんでもそうなのでし…

最後から二番目の恋 第8話(感想)

「大人のキスは切なくて笑える」もう、毎週木曜日には欠かせなくなったこのドラマ。終わってしまったらと考えると、、それはまだ早いけど、地で行くみたいなドラマはなんとも染みます・・。今日もキョンキョン日和な、和平(中井貴一)とのどうでもいいよう…

ハングリー! 第8話(感想)

「別れの時!宿敵の甘い誘惑…」千絵(瀧本美織)がなんとも可愛らしくて、英介(向井理)に思いをよせるかんじもいいですね。英介もいいかんじだし、今迄仲間がいてくれたからこそやってこれたことにも気がついたし、そもそもの食べるということについて、レ…

家族八景 第6話(感想)

「日曜画家」実はスケベだったというお話が多いようなかんじはちょっと、引いてしまうのは、、まぁいいかぁ~火曜日の夜はドラマが大すぎるということもあってついつい、4話、5話を寝おちしてしまったことが悔やまれるけれども、やはり、火田演じる木南晴…

ストロベリーナイト 第8話(感想)

「悪しき実」なんかあまりしっくりこないかんじでした。やはり、2話にまたぐことはなかったと思うけれど、好みの問題ってことでしょうかね。悪しき美。シキミと呼ばれているらしいというラストからしても、意味することがなんだかよくわからなかったし、声…

ラッキーセブン 第7話(感想)

「恋におちて」淳平(大泉洋)が、千崎陽子(中越典子)とお見合いをすることになったけれど、いや~今回は淳平がうらやましい限りな淳平の回だったわけですが、恋をすると周りの人に親切になってくるというそんな淳平の清々しさがちらほら見れたのがよかっ…

タイトロープの女 第5話(感想)

「パンドラの箱」ここまで来てまさかの展開でした。ようやく、由梨(池脇千鶴)が社長として、カラーワイヤーという夢が一つ叶い始めたという矢先に、こういうことになってくるとは、ちょっとがっかりしてしまう展開でした。このまま由梨と恭子(高岡早紀)…

最後から二番目の恋 第7話(感想)

「恋ってどうすれば良いんだ?」そもそもこのドラマ、千明がのんびりと後の人生を古民家で暮らそうという、恋とか関係ないドラマかと思っていたのに、違ったようです。ラストに流れる音楽で、しんみりしてしまうわけですが、それが心地よくもあり、さびしく…

ハングリー! 第7話(感想)

ハラペコキッチンの内戦&マシュロンがなかなかおもしろい♪あ、またもや寝落ちしてしまった、家族八景・・。睡魔には勝てない。。それは置いておいて、もはや嵌っているこのドラマであるけど、英介(向井理)のちょいヤンチャな男っぷりや、千絵(瀧本美織)…

ストロベリーナイト 第7話(感想)

「悪しき実」所轄では、『暴力団組長殺害事件特別捜査本部』が設置され、姫川班は、別件で死因不明の遺体について調べるという7話。この二つはどうも一つの事柄にまとまってくるみたいですね。日下(遠藤憲一)、井岡(生瀬勝久)が関わってくることでも、…

ラッキーセブン 第6話(感想)

「最初で最悪の案件」新田(瑛太)が出ないみたいな展開は、置いておいても、前回の新田の別れな笑顔が吹っ切れていたようにも思えるし、それでいてようやく始まったみたいな6話のお話でした。2000件目の案件に絡んだエピソードと真壁リュウのことが描かれた…

最後から二番目の恋 第6話(感想)

「今迄のどんな恋にも似てない」土曜日、坂口さん、中井さんも出ていた「もしもツアー」。真平が店長をしている店『ながくら』のモデルのお店があったのか~♪。パンケーキがおいしそう~♪潮騒が聞こえてきそうな、海風が心地よさそ~なテラスもあるし、ほと…

タイトロープの女 第4話(感想)

「憎まずにいられない」憎まずにはいられない。多分いつも怒ってばかりな、由梨(池脇千鶴)の気持ちを言っているんだろうけど、やはり、気が強いということがよくわかる今回でした。会社を束ねる器量というもの意外に、やはり、気の強さは必用なんでしょう…

ハングリー! 第6話(感想)

ゴローズバーとの対決&敗北が描かれた今回。今回は正統派でせめてくるみたいなかんじですね。(笑)5話からイッキに面白みを増してきたこのハングリー、今回もすごくよかったです。まりあ(国仲涼子)と英介(向井理)の仲がなんとも、簡単にもう修復されて…

ストロベリーナイト 第6話(感想)

「感染遊戯」「シャンプーも変えた方がいいわよ!」は、なんだかわからなかったけど、葉山則之(小出恵介)のトラウマ話に厚みをもたらせて、平行してネットに起因した事件を描がいてゆくというのもおもしろかったです。ん~そういえば、なんとなく、じめ重…

ラッキーセブン 第5話(感想)

「別れの予感、駆ける夜」新田(瑛太)のおぼっちゃんは、まぁ~おもしろかったけど、新田救出劇が、別れる宣言してしまうって、ドラマとしてどういうことなのか理解できませんね。まさか寝耳に氷水のようなことはないとは思うけど、そのへんを匂わすという時…

TOP