Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

「正義のセ」第2話 感想

f:id:vividlemon:20180412024700j:plain

第2話あらすじ(4月18日放送分)

ある日、凜々子(吉高由里子)は支部長・梅宮(寺脇康文)から、主婦・かれん(財前直見)が口論の末、夫・義之(大澄賢也)を花瓶で殴り殺した事件を任される。初の殺人事件に奮起する凜々子だが、相原(安田顕)は不安顔。殺人事件では被疑者の殺意の有無によって刑罰が異なるため、検事の見極めが重大となるのだ。いよいよかれんの取り調べに臨んだ凜々子は、殺意を否認して後悔している様子の彼女に思わず同情してしまう。
Yahoo!テレビより)

第2話の感想

意外と今回は凜々子(吉高由里子)に馴染めたせいか楽しかったなぁ。
実は今までの吉高さんのドラマは、好感があまりもてなかったのだけど、主人公となった今作・・落ち着いた役柄ということもあってか、キャピキャピしたシーンもなくて、浮足立った軽さがかんじられないことがまずいいみたい。そんなこともあってかどうかわからないけど、2話はさらに意外とチャーミングな女性に見えてきてもしまったなぁ。
なんでしょうね?(笑)

苦手意識があったのだけど、なんだか克服♪今作も全話観れそう。

まぁ、頭をバンバンぶつける場面は以前のドラマでもあったわけだけど、デスクにぶつけていた場面は可笑しくって、吉高さんらしいなぁ~とも思っていたんだけどね。(笑)
前回はかなりハイハイと新入りさんらしく、凛々子の甲斐甲斐しさが見れたのもよかったところなのだが、2話は少しそれが薄まってきたのもなんだか自然でよかった。
勉(安田顕)とのコンビもスムーズなやりとりになってきたようだし、お子様の写真で笑い合う仲にまでなってきたことも、微笑ましくてよかったなぁ。

豆腐屋の家の様子も初めはどうなんだろうか?と思ってしまったけど、やはり馴染めてきたせいもあって、凛々子を表現する上でなくてはならない存在なのだなぁ~と、やはり家族を描くことの必要性が感じられてきたのもよかった。
凛々子の感情的で篤い人柄は、やはりこのような温かみのある豆腐屋の家族あってこそのもの。
そんなわけで今回のお仕事は殺人事件を任された凛々子であったが、殺人犯か否かを見極める難しさを、偶然娘さんと話が出来たことが、突破口となったことでも暴力夫への殺意を認めた町田かれん(財前直見)でありました。

検事という仕事柄からも、「遠山の金さん」のようなドラマではないか?とちらっと、思ったけど、人を裁くことでもそのようなものだなぁ~と、このぐらいのお話しの方が人情劇にはちょうどいいのかもしれないと、平成版遠山の金さんという位置づけにしたい今作でもあった。(笑)

今回の注目点は、凜々子(吉高由里子)の彼氏優希(大野拓朗)だったということ。
豆腐屋を温子(広瀬アリス)が継ぐことにしたということでした。
ともあれ豆腐屋の父ちゃん・浩市(生瀬勝久)の場面はどうも、アドリブじゃなかろうか?って感じられたのだけど。(原作があることでもね・・。)とするならば、とにかく豆腐屋の場面はアドリブで笑わせてくるのかもしれませんね。(隠れた期待ポイントかも。)

TOP