Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★日本女子バレーボールチームは6位だったけど、実質8位かなぁ?w  戦国時代という言葉どうりの内容になっていた女子世界バレーだったが、ベスト3に入るのはもう・・・至難の業であると思う。日本人らしい戦術を磨き上げることが必要であるけど、後2年か・・無理だとかなり思うがミスを極力減らしていくことで勝機を見出せる可能性はあるかなぁ。技量が増せば速さも伴うものだよね。理屈なんて後からついてくるがシンプルに速さはつまり、鍛錬あるのみですよね。出来ないのになんで難しくするんだろう・・。先導者が難しくしているかんじだけど、タイチームのシンプルさを見習いたいとも思う。シンプルに考えてやっていれば日本人は技量を身に着けることにかけては、外国には負けないはず。

サバイバル・ウェディング 第2話 感想

f:id:vividlemon:20180722043707j:plain

初回はあまりピンとこなかったのだが、おや?2話は面白さが感じられたかなぁ。
まぁ、初回はベタなかんじがかなりあったことでもリタイアってかんじだったのだが、
等身大なかんじがかなり2話では感じられたことでも、
さやか(波瑠)とイケメンの祐一(吉沢亮)の場面がユーモラスであったことでもちょっと面白さが感じられたみたい。

ヨダレは垂らすは、とにかく今までにないような波瑠さんになっていたことでも、おや?おやおや・・となった。

宇佐美(伊勢谷友介)から部屋にあるいらないものをついでに捨ててこいと言われて、多香子(高橋メアリージュン)が助っ人として一緒に片づける場面も微笑ましさといったものを感じてしまった。(笑)

ダサいおばさんの恰好だったり、とにかく今までない役柄になっている波瑠ちゃんっていうのがちょっと新鮮。
新鮮ってだけでなくて・・つまりいい塩梅に肩の力が抜けていて、おばさんな演じ方をしているところなどがなんともいいのだよ。
(火曜日のあの娘も少しギアチェンジできた新鮮さがあっていいのだけど・・ず~とトップギアで走ってるかなぁ。)

ベタではないぞっとなった。(笑)

TOP