読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

就活家族 ~きっと、うまくいく~ 第5話 感想 リタイアするなら今?

f:id:vividlemon:20170113010137j:plain
このドラマはどうしてもそれぞれが堂々巡りしているというかんじ。
ともあれ洋輔(三浦友和)はかなり、そんなかんじなのだなぁ。
同級生の夏野(キムラ緑子)の誘いを断ったけど、ビジネスとしてのやり方の違いが根本的にあるとしても、少しづつ夏野のスタイルを受け入れるということも我慢すればできると思うんだけどなぁ~。
洋輔の考え方がわからなかったというよりも、
どちかといえば、ここで就職が決定してしまったら、ドラマ的に詰まってしまうからってことなのだろうね。
まぁ、他もそんなかんじがしてならないことでも、視聴意欲が半減してしまう。
つまり、内容は違えどおかれている就活しなればという立場が堂々巡りをしているだけなので、ほぼ意味のない物語を観らされているようなのだ。
そんなわけで、少々、それぞれの置かれている事情が少し変化してきたとしても、
それほど大きく変わったわけでもない。
母親は嫌気がさしていることでもホスト通いで、愚痴をホストにいってるだけな場面は、それがどうしたってかんじ。
そして、国原(新井浩文)も同じことばかりしていることでもどうでもいいし、優子(木村多江)も同じである。
息子と娘も今の現状のままでもあった・・。

栞(前田敦子)は辞めますと女ボスに啖呵を切ったとしても、辞めさせてくれないへんな状態に陥ってるのだが。
光(工藤阿須加)もバイトをしてでも入りたい会社から、独りよがりな文章なんだよってかんじで見切られちゃったのだが・・。
ずるずると進展もあまりないようなドラマは、経験上リタイアするならば5話あたりがいいと思うようになったのだが・・さて、どうしようかなぁ?
今のところ堂々巡りなのだ・・。
就活というテーマだけでは、詰まると思うんだけど、そもそもね。