読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

カルテット 第3話 感想 ん~~。

2017冬ドラマ

f:id:vividlemon:20170118041357j:plain

内容を面白いととるか、とらないかが難しいかんじがしてきた。
面白いととれば面白くもなるけど、おもしろくないととれば面白くないのだ。
面白かったともいえるし、そうでもないとも言えることでも、困ったというのが本音かなぁ。
しかし、しかししかし・・・少々同じような場面も目立ってきたけど、すずめ(満島ひかり)の依頼主である鏡子(もたいまさこ)の場面が毎度入れ込まれのもちょっと違和感でもあるのだ。

まぁ、このドラマの一番のミステリーが真紀(松たか子)であることでも入れ込まないわけにもいかないというかんじがプンプン匂ってしまうわけでもある。
なんか同じことを繰り返してるかんじにしか見えないのだ。
そしてさらにあれこれこのドラマの作風もちょっと鼻につくようになってきたけど、恋の話しだった別府(松田龍平)の前回から
今回はすずめ(満島ひかり)のわけありな過去を一気に描き出して来てしまったから、毒気に煽られっぱなしなのだよね。
何かあるのだろうとは思っていたけど、今回ですずめのエピソードは終結ということでいいのだろうか?
すずめを心配して病院まで出かけた真紀とのカツ丼シーンには、ちょっとはウルウルしてしまったわけだけど、あまりにも唐突な過去エピでもあったことでも、あまりどうでもよくなってしまった。
そこが観たいわけでもない。
どうでもいいといえば、、やたらと煽る有朱(吉岡里帆)もであるが、これまた偉い過去を出して来たのも唖然としてしまったなぁ。
カルテットとはほぼ無関係なドラマになってきてるみたいで、なんだか・・。

まだ、家森(高橋一生)の秘密や前回の別府の話しは、コミカルさが感じられる分よかったのに、女子二人の方はどうも笑えないのだよね。
この作風の統一性のなさを感じることでも、あまりいい出来ではなさそうな匂いがぷんぷんしてしまうわけでもあるなぁ~。
まぁ、視聴するか否か困ったというところなんだけど・・面白味があまりなくなってきてしまった。
まとまりがないと観たいという視聴意欲なくなってくるわけだけど、いや~どうしたいのだろうかと・・そちらが気になりだしてしまうばかりなのだ。
物語りには入り込めないわけだけど、(こ~いうことなんだなぁ~と脳内編集すれば別でもあるが。)それぞれのちょっとした言葉遊びに期待ってかんじで視聴するしかないかなぁ。
観るドラマがなくなってることでも、少しは我慢しつつ視聴するという、我慢視聴にシフト。( ´∀` )
我慢視聴スタイルは、ほとんどのドラマがこのようなものでもあるのだけどね~。
良質ドラマはないに等しい昨今。今季は本音を言えば、いわゆる「すいか」のような名作はない。

あ、そうそう高橋メアリージュンさんがチラッと予告で観えたから、期待したいです。コロッと変わってしまうという・・。( ´∀` )
スニッファーでかっこいいことでも、ファンになってしまったのだけど、次回はやっぱ観るぞ~と。
Twitterでも(いいね)を押してもらっちゃった。f:id:vividlemon:20150613031510g:plain


(もう、それだけで高まる~。)

すいかのHPがまだあったけど・・一応こちら。もうこんなドラマは作れないだろうなぁ・・。

すいか | 日テレオンデマンド