読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

「コピーフェイス~消された私~」第5話 感想

f:id:vividlemon:20161121001429j:plain

「暴かれた正体」
後一話あるわけだけど、あまりというか、ほぼ結末みたいなかんじも受けるというかなんというか、半分しか観てないぞ!ってな感想。(笑)
忙しくて眠り込んで気が付いたら半分終わってたぁ~。(あえて初めからみたいという情熱もない。)
しかし、前回の続きというかんじでそれほどの新鮮味が感じられないのがやはり、痛いかもしれない。
これといって魅力的なキャラがいるわけでもなく、地味な潜入捜査ってことでも、真実が明かされていく様子にハッ!とちょい、、しつつもなんだか魅力が薄いのだ。
このぐらいの話しはゴロゴロだが、設定だけはぶっ飛び過ぎていて、いわゆる、中身薄ドラマ。
芙有子(栗山千明)の真相を知った家族の場面など、びっくりする様子があれでいいのだろうかと思うけど、もうちょっと、、何かあってもよかったと思うのに、このドラマはソコかしこ・・薄っぺらいかんじがあると思うのだ。

一辺倒なドラマみたいで、メリハリがなくて、つまらないかもしれない。
二人は結ばれるとは思うけど・・それでないと報われないというか・・。
八方ふさがりになってしまった橘(鶴見辰吾)たち。
まだまだ諦めないで真実を暴露しようとするのだろうか?

話しの筋も悪すぎかなぁ・・・。次回のあらすじを読んでしまったが、出るわ出るわ・・まだ隠されていたものがあるとは・・お子ちゃま脚本かな。