読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

東京センチメンタル 第6話(感想)

2016冬ドラマ

f:id:vividlemon:20160118081516j:plain
*1

「吉祥寺の恋」
あかね(高畑充希)ちゃんの恋が描かれるとは思わなかったことでも、気持が高まる今回。
少々やはり、毎度卓三(吉田鋼太郎)の恋ばかりでは飽きてくるから、こうこなくてはってものでもあった。
まぁ、恋バナよりも卓ちゃんとの店でのやり取りの方が面白そうでもあったのだが、あんまり恋の話はピンとこなかったなぁ~。
憧れの人との再会は役者への夢も、実力がわかってしまった悲しさと、ダメ出しも大切な事なのだという上から視点も重なっていて、支えるというかんじであったことでも、ちょうど卓ちゃんと玲子(大塚寧々)のような関係になってたようで、なんちゅうか、、恋としてはあまりピンとこない今回であった。

呼び出し音が同じな卓三とあかねが面白かったのだが、卓三が店を紹介することになってのあの内容が卓三をよく表してもいたと思う。あんなのが放送されてたら今頃炎上しちゃうよね~というアカネであったけど、火事を想像する卓三のずれ感もぐ~。
どこかのんっきで、ちょい頼りになるのかわからない卓三であるが、騙され安そうでもあるなぁ~。
そんなところが魅力である反面、ダメなところとなっちゃうのだろうなぁ~。
そんなわけで、あかねちゃんの恋は、憧れの人が夢に向かうも、実力がわかってしまって悲しかったのだろうし、冷めてしまったってことなのかもしれない。
それにしても玲子が一緒になってるお守りをプレゼントするってどういう意味なのだか・・もやもやさせまくりだった。(笑)
センチメンタルというタイトルをしっかりと描いていもいるのだなぁ。

センチメンタルを検索。(笑)

《ダナ》弱々しい感情に走りやすいさま。情にもろいさま。感傷的。

東京センチメンタル 第1話(感想)
東京センチメンタル 第2話(感想)
東京センチメンタル 第3話(感想)
東京センチメンタル 第4話(感想)
東京センチメンタル 第5話(感想)

www.tv-tokyo.co.jp

*1:お借りしました。