SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

東京センチメンタル 第3話(感想)

f:id:vividlemon:20160118081516j:plain

*1

人形町の恋」

30歳以上も年の差があるのに、オジサン好きな子に惚れられたという今回であったのだが、そんなことだったら、このドラマの持ち味が消えてなくなるぞ~と、いつものパターンと違うことにまず違和感を感じてしまう。

大人な魅力を出そうとしている卓三(吉田鋼太郎)であったが、けっこう大人らしいしっかりしている物言いだとか、対処の仕方であるから、それほど大人を意識しなくてもいいとは思うのだが、中身はとっちらかっちゃってるせいか自信がないってことのようですね。
なので荒木(小栗旬)に助言を受けても、メガネをかけたり見てくれを大人にすることしかなくなってしまうわけなのだろう。

今回はなんとキスする展開になってくるとは思わなかったけど、興奮してメガネが曇ってしまうのもわかる気がしたなぁ。(笑)
3回も離婚しているのに、心の中は雑念やら、煩悩の塊ってことなのでしょう。
見てくれだけ大人でなく、中身がやはりついてこないとダメだということを知らしめていたと思う。

まぁ、戸惑っておろおろしてしまう卓三が面白いので、こんな展開がやはり楽しいのだけどね~。
これがうまくいってしまったら、面白くもなんともない、ただの嫌味だよね~。(笑)

21歳の若い子とのデートであったことでもさ~、もう少しワクワクしてしまう卓ちゃんが観たかった気もするのだが、大人しくしていたってことなのかなぁ・・。

そういうわけで、あかね(高畑充希)ちゃんの大学の友達、羽田なつみ(川栄李奈)とのデートであったけど新鮮でよかったと思う。

お~、そして次回来た~ってかんじの奥貫薫さんなことでもさらに次回も気になる~。

東京センチメンタル 第1話(感想)
東京センチメンタル 第2話(感想) 

3話「人形町の恋」
近所の喫茶店で元妻の玲子(大塚寧々)と談笑する久留里卓三(吉田鋼太郎)。「あの頃よりもイイ女になった…」そんなことを考えていた卓三だったが、店を出ようとした時、言い争う若いカップルと遭遇。
男は出て行き、残された女の子・羽田なつみ(川栄李奈)は泣いている。
卓三はそっとハンカチを差し出し…。それが運命の始まりだった。
後日、意外なつながりから卓三はなつみとデートをすることに。
訪れる場所は人形町。古き良き下町散策を楽しむ二人。そして、鳥わさ丼で有名な「よね家」で食事を楽しむ。
大人のデートで大人の魅力を醸し出す卓三に、なつみはすっかり惚れてしまい…。
55歳と21歳。年の差カップルに未来はあるのか?!

 www.tv-tokyo.co.jp

*1:お借りしました。

TOP