SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

若者たち2014 1話 感想

 「理屈じゃねえんだよ、結婚は」~魂を揺さぶる群像劇~

今期、観たいドラマの5本指に入るドラマであったけど、
ストーリーはよくあるものに感じられたり・・ちょっと古臭いと思ってしまったり・・
スカイツリーが見えなかったら、昭和の映画かと間違えるくらいでもあったけど、
意気込みっていうか、ちょっと篤い熱い兄弟ものになっていたのが、すごかったので、
圧倒されて見入ってしまって、
まぁこれならば期待できるかなぁ~ってかんじでもあったみたい。

ともかく期待していた長澤まさみさんの真骨頂さがどういったものなのか・・
心配でもあったけど、
あれならばって・・鳥肌ものだったことでもよかった・・・。
瑛太演じる暁との関係も、おやっとびっくりする設定であったことでも難しさをかんじたし、
屋代多香子(長澤まさみ)がちょこっとだけ出たというインパクトもあったとして、
今までのまさみさんとは思えない風貌に一機に引き込まれてしまった。

ストーリーの方はやや臭さもかんじてしまったことが心配な面でもあるけど、
佐藤旭(妻夫木聡)、ひかり(満島ひかり)、陽(柄本佑)と旦(野村周平)のそれぞれの話が
どれもよくあるものというか、新鮮味が感じられないのがちょっとばかり気になったとしても、
それぞれの置かれている状況をどう乗り切っていくのか、どんな展開になっていくのかと・・・
けっこう気になってしまったみたい。

本音をいうならば1話ではそれぞれのエピよりも、やはり理屈でなくて・・・
旭(妻夫木聡)もぶったまげていた様子からも、
帰ってきた厄介ものらしい(どう見ても聞き分けがよさそうではなかった)
暁(瑛太)との対決が観たいし、
どうなってしまうのかといういう暁から感じられる・・・
ゾクゾク感がいいわけですよね~。

さらに多香子(長澤まさみ)に感じられるぞくっとするかんじも
何よりもまさっていた今回だったので満足する1話でもあったなぁ~。
まぁそれぞれ役者がそろっていることでも、かなりゾクゾクしっぱなしって
ものなのだけど。
とりわけやはり・・瑛太とまさみさんにはかなり期待してしまってます。