SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

フラジャイル 第1話(感想)

f:id:vividlemon:20160124112206j:plain
*1

長瀬さんというと「正解~」という決め台詞がやや大げさ過ぎたのだが、
今回の決め台詞は等身大なかんじがしていて、人物像は変人だとしても、それほど違和感のないものになっていたのは受け入れやすく、親しみやすい人物像で好印象だった。
どうしてもこのドラマは、「私失敗しないんで」・・という決め台詞のドクターXを思い出すのだが、
それよりも庶民的な等身大設定になってるのも、受け入れやすいというか、馴染みやすいものになっていたなぁ~。
あんたバカなのか?はけっこうスカッとするよね~。
そして君たちが臨床医をしている限り、俺のいうことは絶対なのだっちゅうのも仕事に対する責任感の強さなくして言えない言葉であるから、説得力がかなりあっていい。

コロコロ~~っと宮崎智尋(武井咲)が内科医から、
岸京一郎(長瀬智也)がいる病理診断科に転がり込みたくなってしまうのもよくわかるというもの。
武井咲ちゃんの設定も等身大な医師役で好感が持てたし、
もう一人のテキパキと働く森井久志(野村周平)もいいかんじだった。

主人公は岸京一郎(長瀬智也)なのだが、宮崎智尋の成長物語といったかんじでもあって、宮崎主導型で患者の病気について問題提起していく様子も等身大でよかった。

患者と向き合いながら原因を突き止めていくってかんじだろうけど、京一郎たちとのやりとりも幅があるのがいいと思う。
やはり定時に帰るというのを強調しているあたりとか、患者に接しない特権も強調していたりするのだが、
臨床医(患者に接して診察・治療をする医師)と病理医(病理診断を行う専門職)ってどうも何やらぶつかる部分があるように思われるから、そこにドラマが生まれるってことなのだろうなぁ~ってことでも、おもしろそ~であった。
ただ軽々しく臨床医が病を診察しているというのは怖い話しなのだが、
よい病院を探すなら、いい病理医を探せというのもまんざら嘘でもなさそ~。

水曜日10時はどうもこっちらに傾きだしてるのだが、、さて、どうなることか。

*1:お借りしました。

TOP