SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

コウノドリ 第1話(感想)

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

あまり期待してなかったのだが、
展開の速さと・・
ちょっと変わった面白い人物が多い事と・・
主人公のサクラ(綾野 剛)が受け入れやすい人物であったことなど
いいかんじであったので、期待したいドラマになってきたなぁ~。

この手の医療物ドラマって・・
ちょっと退屈で敬遠してしまいそうになるのだが、
うまいことキャストの魅力と演出、脚本などによって(ドラマ)
まさに作り手側の総合的なもんによって、
面白くもなるという見本のようなドラマであったと思う。

緊急を要する妊婦さんをいかに助けるかということでも、
大丈夫だろうか~というかんじなのだが・・
やはり、そこにいる素敵な医師たちの魅力が大きいと思うわけだよね~。
魅力的な人がいると、こういう人助けの場面は特に
理屈なしで引き付けられてしまうのだなぁ~。
かっこよく、魅力的に仕上がっているドラマであることでも、観ていきたいと思ってしまった。

さすがに医療物だけあって設定もしっかりしていることもよかったのだが、
やはりこのドラマの登場人物たち全員が、いいかんじなのはよかった。

留美子(吉田 羊)や加江(松岡茉優)が明るくて、
暗くなりがちな場面をコミカルにしてくれているのも面白かったし、
ともあれ、これほどまでにこの2人には好感が持ててしまうとは思わなかったです。
ほんと二人の絡みはなかなか面白いですね。

赤ちゃんが生まれる現場ってことでも、やはり、最大のドラマがあるのだってことだけど、
生まれるまでの大変さや・・
母親の置かれている背景の問題であるとか・・
赤ちゃんと母親が元気に、退院するということは並大抵ではないということですね。

産婦人科医療現場での生まれることの大変さというものが、しっかり描かれていたことでも、ほんと生まれるということは大変なのだなぁ~と改めてわかった。

ともあれ、緊急にかつぎ込まれた妊婦役の清水富美加さんが好演してたこともよかったですね。

そうそう、キャストといえば、かなり奇策ってかんじなれど、(キャスト名も下にあります。)
テレ東のシットコムドラマ(ウレロ☆未確認少女)に出ていたあの人だぁ~とか・・

船越拓也…豊本明長(とよもとあきなが)/東京03--(ウレロ☆未確認少女

近頃のCMの本屋CMに出てる・・、まぁ検索してみたら坂口健太郎か~とか・・
(Twitterもあったのだが下のでいいのか??)

twitter.com

 

さらにラブ理論やら、ソフトバンクCMでも出ていた・・清野菜名さんなどなど・・。

ameblo.jp

 

そんなわけで興味が尽きないキャスティングでもあるみたいですが、(笑)
山口紗弥加さんも、やはり、私的に好みな女優さんなことでも、
興味が尽きない配役になってますね。

www.tbs.co.jp

1話あらすじHPより~

都内のとあるライブハウスでは、謎の天才ピアニストBABYがライブ演奏中。

客席は一杯なのに、開演10分でライブは終了してしまう。
実はBABYの正体は、ペルソナ総合医療センターの産科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)。
そんなサクラを、救急車から妊婦の受け入れ要請の連絡が入ってとまどう新米産科医の
下屋加江(松岡茉優)が電話で呼び出していたのだ。
受け入れ要請の妊婦は、産科検診を受けず、妊娠週数も不明の「未受診妊婦」だった。
未受診妊婦はリスクが高すぎる。
万一、感染症などがあれば、医療スタッフにとっても他の患者にとっても、極めて危険な患者となる。
しかし「未受診なのは母親のせいで、お腹の赤ちゃんに罪はない」と、
サクラは新生児科にも受け入れ体制を組むように要請。
新生児科のリーダー・今橋貴之(大森南朋)が、
躊躇する白川領(坂口健太郎)らを抑え、受け入れを決める。
さらに、サクラは、未受診妊婦のフォローのために、
メディカルソーシャルワーカーの向井祥子(江口のりこ)にも来てもらうように指示。
そこへ、ベテラン助産師の小松留美子(吉田羊)も駆けつける。
──果たして緊急搬送されて来た未受診妊婦・夏希は無事に出産できるのか。
サクラと周産期医療のチームプレーで奇跡を起こすことができるのか──?


~ 第1話ゲスト ~

小早川俊也…要 潤(かなめじゅん)
小早川頼子…臼田あさ美(うすだあさみ)
矢野夏希…清水富美加(しみずふみか)

~キャスト~

鴻鳥サクラ…綾野 剛(あやのごう)(^^♪)
下屋加江…松岡茉優(まつおかまゆ)(まゆちゃん♪まるいまるいわ~)
小松留美子…吉田 羊(よしだよう)(かなり好みなお方。)
白川 領…坂口健太郎(さかぐちけんたろう)(本のCMボーイかよ)
角田真弓…清野菜名(せいのなな)(ラブ理論。ソフトバンクCMなどなど)
加瀬 宏…平山祐介(ひらやまゆうすけ)(S -最後の警官-もシブかった。)

船越拓也…豊本明長(とよもとあきなが)/東京03(ウレロ未確認少女)
大澤政信…浅野和之(あさのかずゆき)(ドラマ界の遊撃手)
小野田景子…綾戸智恵(あやどちえ)(綾戸さんだ~。)
向井祥子…江口のりこ(えぐちのりこ)(・・・ん~~。)
新井恵美…山口紗弥加(やまぐちさやか)(私的に好みな女優さんです。)
四宮春樹…星野 源(ほしのげん)(誰だったか気になる~。)
今橋貴之…大森南朋(おおもりなお)(言わずと知れた・・。)
(ちょっと感想を名前の横につけてみました。笑)

 

原作
脚本 (『ゲゲゲの女房NHK)』『八重の桜(NHK)』など)
ピアノテーマ・監修・音楽
清塚信也
音楽
木村秀彬
主題歌
『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』
miwaソニー・ミュージックレコーズ
プロデュース
峠田 浩
企画
演出 (『日曜劇場 空飛ぶ広報室』『映画 ビリギャル』など)

(『金曜ドラマ 木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』など)

ほか
制作
TBS
TOP