SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

小さな巨人 第9話 感想

f:id:vividlemon:20170419055815j:plain

所轄の存在意義が感じられないのだが、数人の登場人物だけで成り立ってしまっているのが残念。
所轄の面々が浮いてしまってるってことはつまり・・三島祐里(芳根京子)他、浮きまくってしまってるのだよね。
なんだか金魚の糞状態は頂けんなぁ。
そして、肝心のストーリーも苦虫を食べちゃった~よ~ゴッコとなってるってことだなぁ。

この毎度お馴染みになりつつある構成だけでもまずいと思うし、ちゃっかり都合よく二課が登場してきたりとやりたい放題さもまずいとは思うばかり。

ご都合主義を振りかざされているようで、どうも観る気力が薄まってしまうのだが、なんとか面白さを少しは感じられることでも、香坂ファンでもあることでもプッツリと切れない理由でもある。

それぞれの父親が絡んでいたわけだけど、ほぼ身内の争いとも言える内容に発展してしまってもいた。
家族愛をここで持ち出されても・・ってかんじでもあったなぁ。

これでは家族戦争ゴッコと苦虫顔大会と言っても過言でもないはず!だよね。
真相が見えそうになると、小手先で跳ね返されるわけだけど、アレ本物の端切れだよね~?
くそ~~なんだかなぁ~。(笑)
まさか偽造したものを見せたってこともないだろうけど、あの端切れには小野田(香川照之)が一番の曲者であるのは明白であるはずだから、名前がなかったのはびっくりであったなぁ。
香坂(長谷川博己)の父親の名前が載っていたなんて・・かなりの裏事情が隠されているに違いないと思ってしまった。

裏帳簿の意味なんて何にもなかったじゃんってかんじだけど、肩透かしを食らう羽目になってしまったのは視聴者もである。

視聴者も小野田に観る覚悟があるのか~~!!と言われてしまったようで、なんだか負けた気持ちになってしまったみたい。

立ち上がれ~香坂!!と応援せずにはいられなかったなぁ~。(笑)

TOP