SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

中田ジャパン決勝へは1秒の差というかんじで残念であったが、やってくれそうなチームになりそうですね。♪




長澤まさみちゃん、アンダーアーマーのイメージモデル・キャラクター。かっこいい~♪

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 第5話 感想

f:id:vividlemon:20170413102428j:plain

沢田(杉本哲太)が稲見(小栗旬)に接するかんじが温かみが溢れていることでも・・
騙して潜入捜査していることの辛さと、最後の一言・・美味しい物が食べれなかったなぁ・・には、
ん~~もう何も言えませんね。
悪者とはいえ自分を信頼し信じてくれていた沢田を裏切り、そして信じたまま亡くなっていくなんて、とても耐えられないと思う。

裏切ったままで亡くなっていく沢田への罪悪感・・

必要としてくれて信頼してくれていた沢田を失った悲しみ・・

そんな心の中にうずまく怒り悲しみ罪悪感に苛まれる稲見を、こちらの世界へ引き戻したのは仲間の田丸(西島秀俊)であったが、目と目が睨み合っている場面もかなり引き込まれてしまいましたね。

(こんな中身の濃い場面は観たことがない。)

特殊な任務に就く男たちの非情冷血な世界をあぶりだしてきた今回であるけど、素晴らしい出来であったと思う。
(重々しくてちょっと疲れるってこともあるのだが、素晴らしかったです。)

そしてやはり、いつものバーの下りがなかったわけでもあるが、先出したからってこともないだろうけど、ほんとあそこはいるのかなぁ~とかなり思ったりしますね。
今回ばかりは深刻であったことでも出せなかったと思います。

それにしても今回、稲見が危険な目にあったことでも、鍛治大輝(長塚京三)が熱く噛みついていたけど、意外と情に厚い上司であったようでよかった。(笑)

以前は取り換えちゃえばいいだの言っておったからね~。

あっけなく稲見だけが一人残ったことでも、少し怪我している方がよかったとも思うけど、うまく出来過ぎているかんじもあったかなぁ~。

ともあれ見応えのあった5話でした。

潜入捜査の師匠ぶりを発揮する田丸でもあるのだが、師匠でなければ戻せなかったとも言えるほどで、稲見を引き戻したのもほんと凄みがありました。

これこそ迫真の演技ですね。

うるっと・・。

TOP