読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

増山超能力師事務所 第9話 感想

2017冬ドラマ

f:id:vividlemon:20170107005459j:plain

記憶喪失の女(小沢真珠)の捜査をしていたわけだけど、大谷(平田敦子)さん大活躍(^^♪
二時間スペシャルドラマのスペシャリストであったとは、びっくりしたけど、そういう特技もあるっていうか、
死体役も見逃さないというドラマ通であったことでも、ファンの鏡みたいな人であったとは。
キラッと目が光り輝き、生き生きとしている事務員さんが、ばしっと今回は印籠を渡したっていうことだったみたい。
つまり、事務員さん目線で見れば、好きな事に夢中になれることが一番なのだとわかったけど、役が貰えずに嘆くのはちょっとおかとちがいなのだ・・っていうか、シッカリ観てる人もいるよっていうちょい涙な話しでもあった。(笑)
今あるココを生きる大切さを説くようなかんじにも見えたのだが、アドラー心理学刑事ものでもそんなことを言っておったなぁ。
(なんか繋がりがありますね。)

しかし小沢さん、真珠という名前が似合ってますね。
絵に描いたように瞳が大きいということでもあるかなぁ。

それにしても、もう一方の事件っていうか、単なる勘違いでもあったのだが、けっこうやってくれましたね。
こちらも高まってしまった。
健(柄本時生)、明美(ルウト)、白石刑事(好井まさお)たちが、悦子(中村ゆり)に怒られちゃうのが可笑しかったなぁ。
その前にあの格好であることでも、よく噴出さなかったと思うほどでもあったけど、明美のヒゲ面が超~ウケる~。
そんなこんなでけっこう楽しかった9話であった。
・・・真珠さんの哀愁もかんじられてよかったです。