SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

花咲舞が黙ってない2 第5話(感想)

「元妻と再会!疑惑の融資!!」

今回もかなりの出来であったけど、がっつり相馬(上川隆也)エピソードになっているのもよかった。
男の友情ということでも少々ウルウルきてしまったのだが、
相馬と青井省一(石黒賢)の友情がこんなにも濃く描かれていたことでも、今回もかなりいい物を魅せてもらったなぁ~。
まぁ~前回の内容の方がちっぽけに思えるくらいであったのだが、回によってかなり違いがあるとしても、かなりの出来栄えになってるみたい。
元妻の石原由美(財前直見)が相馬にはいたというのも驚いてしまったけど、ともあれなんであれ財前さんもかなり、お似合いでした。

いや~それにしてもこんな石黒さんは観たことがないと思うのだが、まさに熱演されていて釘づけになってしまった。
某ドラマでの絶望が、ここで観れるとは思わなかったのだが、これが本物の絶望ってものであった。
家族を守りたい青井の土下座とユレル相馬の場面に、繊細な相馬であることでも、
舞(杏)はそれを心配して付き添っていたのだろうけど、印籠をしっかりと渡したのも毎度ながらよかったなぁ~。
石黒さんのまさに真剣勝負な演技には、ほんと感無量であったのだが、ほんといい物を見せてもらいましたね。
2度と観れないじゃあないかってくらいの熱演であったと思う。

(だって上川さんと石黒さんの共演ってそうはないと思うし。)

(こんないい男2人の共演なんてそうは観れないのだから・・。)

そんなわけで、かなりの重厚な友情が描かれていることでもいい話であったなぁ~。

 

今回ドラマの冒頭の舞と相馬もけっこう面白かったし、一杯やってる場面もコミカルさに磨きがかかっていて、知らない間に好みなドラマに変身してしまったなぁ~というかんじであった。

TOP