SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ドクターX (2) 第8話 感想

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

「最終章!影武者オペの報酬!?」

今回もよかった~の一言でした。もう、安心して見ていられる・・。
クビになった未知子(米倉涼子)が向かった先での、通りすがりの外科医だというのも可笑しかったけど、
大人になったら、父親と同じ漁師になるという村田九留美(本田望結)の扱い方が慣れている未知子がいいかんじで。
サイレンを鳴らして、道案内とか、そんな役をすぐこの子ならできると判断して、やらせてしまうのも、
どうにいっているばかりで、ただただ感心するばかりでもあったなぁ~。

九留美も子供らしくて、つい言われた通りに律儀に最後までサイレンのマネをしているのも、いきなり知らない人から言われる戸惑いもかんじられたし、院内で未知子の後ろに隠れたときも、未知子の子供を扱うしぐさや、あんなかんじにまとわりついてくる様子とか、やけになんか小さい仕草が、心に残るのも不思議なところだった。

このへんでもう、かなりこの子にやられてしまっているわけだけど、
まさか、かなり難しい病を背負っているとは思わなかった。

一方まさかな蛭間(西田敏行)の娘も難しい手術をすることになることで、
やはり未知子に頼るしかないってことでも、未知子にスポットが当たるというわけだけど、メンツが立たなくなることや、教授選が絡んでいることでも、影武者としての未知子でもあった。

近藤に対して、影武者らしいことをしたと思うけど、
ピンポイントで、伝授するという・・影で支えるというのも、なかなか見応えがあった。
クビ宣告をし、決別してしまった蛭間の気持ちがよく出ていたのも面白かったけど、
焼肉な場面でパクパク食べまくる未知子に、遠回しで誰が影武者になるのかと、あれこれ近藤と打ち合わせしているところも、皮肉の策というか、蛭間の心持が伺えるところでもあったなぁ~。

海老名の超がつくほどの怖い顔は、ちょっと過剰演出気味で、
蛭間が海老名ばかりに、きつく当たってしまっていたり、追い込んでもいたりすることでも、、ちょっとした違和感になっていると思うけど、さすがに蛭間へ切り込む忠臣蔵もないだろうし、ちょっとしたヅレを感じるみたい。
今回も蛭間からどやされていたけど、回も少ないことや、話も九留美ちゃんの手術ということでも、
前回のようなくたびれたという海老名であってもいいと思うんだけど、一辺倒なかんじな、背水の陣ばかりの海老名になってしまうんですね~。
このへんに何か見え隠れしているようなものが、うかがえるとしても、どうなのかなぁ~。

ともかく、教授選という話も、最後は未知子によって・・
「あ~くだらない。。」で一蹴りなのだろうから、どうでもいいってものだけど、
海老名がどうもうまく絡めていないみたいな気もするなぁ~。

TOP