SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記


芦田師匠~~(^^♪

『木のある公園』

毎日、一日を振り返ってポジティブな事柄を3つぐらい書くことで、よりポジティブな「脳」になるらしいです。
そんなことがどこかに書いてありましたが、(まぁ、21日間続ける、ということなんだけど。)
日々前向きでいることがいいという話なのかと思います。
そんなことをブログのテーマにするというのもいいのかな~ということで、
今回、幸せに思える風景について書いてみます。

『木のある公園』
家からちょっと歩いたところに、そんなに大きいとは言えない小さな公園があります。
子どもたちがイキイキと遊んでいられるような雰囲気がある公園は、
住宅街の中に隣接しているということもあって、隠れ家的なかんじもあり、
木立で囲まれていて、こども達がわいわいと遊んでいました。
そこの大きな特徴というと、その真ん中に一本の大きな木があることでしょうか。
小さいとはいえ確か砂場に、ブランコ、すべり台もあって、猫の額ぐらいのちょっとしたボール遊びができるぐらいのスペースもなんとかあるという・・
まさにオアシスといったら大げさかもしれないけど、癒される雰囲気に満ちている空間でした。

公園というとそんな魅力的な雰囲気のあるものは、少ないと思うけど、
だいたい作りました的なものがちょこんと道路の脇にあるってかんじでしょうかね。
でもしかし、意外といい雰囲気の公園がけっこうこの界隈にあることも知っているので、一概に言えないけど。。。(スマイル)
こんな癒される空間があると、いじめについても、こんな環境ということが関係しているのではないかとか。。
いそいそと遊びに行きたいような公園があるだけでも、宝物に違いないじゃないかな~とか、あれこれ考えさせられてしまいました。
その公園で、子どもたちがわいわい遊んでいるのを観ていると実に幸せを感じるし、今思うだけでも幸せな気持ちになってきます。

今日、3.11。
このようないろいろとつまった、
幸せな思い出の場所がイッキに流されてしまったことに、
思いをめぐらさないわけにはいきませんが、
ただただ「今ここにいることの幸せ」をまずかんじます・・。

TOP