読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

秘密諜報員 エリカ 第9話 (感想)

2011秋ドラマ

秘密諜報員 エリカ「美少女コンテストの裏側に潜入!裏切りと嫉妬うず巻く争い!」

エリカ(栗山千明)がメイド喫茶に潜入した9話は、戦う相手もオタク系格闘派というわけで、武器マニアだったことは、おもしろいところだったかな~
しかし、いつもながらエリカの格闘シーンはかっこいいし、
危機的状況をなんなくクリアーしてしまうところも魅せられるけど、
やはり役者さんの持っている持ち味あっての説得力というものがあるのだろうと思う。
アクションは、人柄も計算されてこそアクションも生きるといういい見本でしょうね。

エリカの魅力としては格闘シーンの他に、やはり気転を利かしてその場をなんなく丸め込むところも見逃せないけれど、夫にメイド服姿を目撃されてしまった弁解が、東京バスツアーで間違えてメイド体験コースのバスに乗ってしまったというエリカの頭の回転の速さにも毎回つぼるばかりでした。

その他に、対戦相手がふざけたハンドルネームだったこともあり、
「・・ちゃん、かかってらっしゃ~い」と軽くあしらっちゃうところもつぼるところだし、
迷惑客がいれば、メイド口調で切り込みながらのドス声で追い払うなんていうお茶目?ぶりにも、ツボりまくりだったな~

アクションばかりでなく、やはりエリカがかもし出すそんな性格というものに魅了されるドラマであることが、わかる9話というところでした。

所長の戸塚宗一(杉本哲太)は以前の古巣で、裏切り者として追い払われたようだけど、
なんか裏がありそうなことは丸わかりすぎるかんじだし、どんな経緯があったのか、気になる展開になってきたようです。