Spring Star★

ネットの巷でドラマの感想を書いてます。

ドクターX~外科医・大門未知子~ 第6話 感想

 f:id:vividlemon:20170925111249j:plain

今回は同時W手術&麻酔科医も失敗しないので&ベストパートナーということでも神回でもあった。

6話あらすじ

「東帝大学病院」の外科副部長・猪又孝(陣内孝則)によるオペを受けたVIP患者が、術後の経過についてクレームを入れてきた。猪又はとっさに、フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)の不手際でオペに時間がかかったのが原因だ、と嘘をついて責任逃れ。何の非もない博美は正々堂々と食ってかかるが、猪又の狡猾な根回しによって、「東帝大学病院」への出入りを禁止されてしまう。しかも、この一件を機に浮上した“ある事実”が火種となり、これまで同志の絆で結ばれていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)とも険悪な雰囲気に…!

 そんな中、未知子が博美とともに担当する予定だった手術の日が近づいてくる。患者は2人が懇意にしている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)。だが、敦子の手術を前に、良夫の膵臓に複数の腫瘍があることが判明してしまう! その病状は深刻で、根治させるには膵臓を全摘するしかない状態…。しかも、術後の生活も含め、極めてリスクの高いオペとなる。それでも未知子は命を救うために全摘を主張し続けるが、良夫のオペはさまざまな思惑から安全策を重視する猪又の手に渡り…。

 だが、それで諦める未知子ではない。完璧な全摘手術で良夫の命を助けるには、博美の腕が必要――そう考えた未知子は「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)の力を借り、博美の出入り禁止を解こうとするが、当の博美は「手術はやらない」と突っぱね…!?
(HPより)

今回かなり圧巻であったことでも神回であった♪

それにしても・・・
猪又孝(陣内孝則)が北海道だったか、出かけていて戻ってきたが、
もう帰って来るなぁ~と思うほどであったのに、
なんだかハチャメチャに自信があったりして、とにかくユニークな存在感なことでも、これでほぼこのドラマの仲間入り完了ってかんじでもあった。(笑)

猪又ちゃんはあんまりこのドラマにふさわしくないはずだったが、偉そうに海老名(遠藤憲一)にダメ出ししたりと意外と好敵手。
血走った目で未知子(米倉涼子)と渡り合うのもかなり見応えがあった。(笑)

やはり海老名は潤んだ目が良く似合うけど、上から目線で圧力なんかかけられちゃうのが美味しいポジションでもあるからniceな猪又との絡みが観れたのもよかった。

今回は中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)の同時手術という大変な回でもあったが、
未知子の気転やら術式の変更も何度もってことでも、見応えも半端なくってどうなることかとハラハラしっぱなしでもあったなぁ。
未知子と博美(内田有紀)の仲違いしたままでのオペでもあったことでも、
とにかくオペシーンがいつもと大分違っていて、
2人の絆にスポットをあててきたのもかなりのポイント。

執刀医が美知子によって交代するというのはいつものことでもあるが、
今回は猪又執刀医と某麻酔科医のもくろみなんぞもあっての2人同時放棄という事態に直面するも、私麻酔も出来ちゃうのでの一言にはまさに、神回といっても過言でもなかったなぁ。
そして外科医と麻酔科医はパートナーであるということだったけど、
そんなことでも未知子と博美(内田有紀)はパートナーだったんだよね。
そんな二人がちょっとしたことから仲違いしてしまって臨んだオペであったが、まさに真剣勝負のさなかにかわされる目と目の交錯には、、ゾクゾクっとくるものがあったなぁ。

患者のことを一番に考えるということでも、熱い篤い友情がぶれのないものであったのはほんと見応えがあった。

とどめは晶(岸部一徳)さんのメロンです♪

請求書です♪

ごちゃごちゃぬかす猪又ちゃん&某麻酔科医をギャフンといわせ・・
見事に晶さんの軽快なステップがどこまでもどこまでも、踊りまくっていくのもあ~なんとも楽しい~~ぞ~。

無邪気な子供か~~みたいな未知子と博美なことでも安堵安堵しまくることができるラストもやはりいい~なぁ~。(笑)

神原医師紹介所に今度、海老名もフリーランスになればいいんじゃね~っと、ちらっと脳裏をかすめたのは言うまでもない。(笑)
そろそろ増えてもいい頃かもね。それとも鉄壁な女の絆は固いかなぁ。

TOP