SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」第9話 感想

f:id:vividlemon:20161006125129j:plain

「校閲はなくてもいい仕事?緊急事態!悦子が地味に」

メリハリ感が薄いようにも思うのだが・・。
つまり、悦子(石原さとみ)と折原(菅田将暉)の恋バナであるけど、あまりにもほったらかしというか今回も延ばしてきた。
さらに折原の仕事の方も淡々としているかんじなことでも、悦子主体の物語からするとちょっと浮いている存在にもなってるかなぁ~。
強引に世の中から見えないところで働いている寂しすぎる校閲という切り口で関わってはいたけど・・。
なんとなくしかし、強引にかんじられるみたいでもあった。
そして森尾(本田翼)が今回、折原のことは何でもないとか言っていたことでも、なんだろうか?とさらに困惑してしまうわけだが、いったいどうしたいのだろうかこのドラマてかんじで、恋バナに関しては破綻していると思う。
なんせ延ばしすぎているし、森尾の言うことも毎回違っているのだ。

モデルの仕事とガッツリ絡むことでも、折原とその父親の場面も入れていたのだが、もう少しそこを描くのであれば、しっかりとした悦子との繋がりがないのがおかしいんだよね。(あってもどっちつかずな浮いた状態)
そんなわけで折原の立ち位置がどうも、、今一つピンとこないことでも、もやもやするばかりであった。

気になるところからの感想となってしまったけど、悦子の場面はほんと今回も切れ切れな演技が観れたことでも、悦子らしい食い下がる様子が観れた事でも大満足。
ようやくというか憧れの「Lassy」編集部での奮闘記といったかんじがよかった。

先輩!・・と慕うセシル(足立梨花)が口紅を塗り、?をウムウムとさせる場面もお気に入りとなってしまったけど、落ち込む悦子も新鮮であったなぁ。
落ち込む原因は仕事のミスもあったんだろうけど、折原のことも絡んでいたような、、ほんとこんがらかるかんじなのだが、校閲という縁の下の力持ちとしての、世の中には見えない仕事がいっぱいあるのだと、支えている人達への応援賛歌というのがメインとなっていて校閲らしさがいっぱいかんじられてよかった。
悦子のハツラツとした「Lassy」へのプチダメ出しは、このドラマらしくてほんとよかったですね。
校閲の下向な世界を愛し、ファッション誌を愛する悦子が眩しかった。