SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記


芦田師匠~~(^^♪

美女と男子 第3話(感想) 篤姫な沢渡

「そのセリフに、愛を。」

あ、このドラマは全20話かぁ。2クール(夏まで)にまたぐってわけか。
いったいどんな展開になっていくというのだと、ふと思ってしまう。(笑)

今回は遼(町田啓太)が本格的に、チョイ役を頂いて奮起するということだったことでも
お目当てな沢渡(仲間由紀恵)のおもろさがあまり観れなかったのが、ちょっと残念でもあったのだが、
あら、女優さん?と毎度間違われることでも、自ら役者となって頑張るストーリーも観てみたいなぁ~と思ってしまった。
いや、どこから見てもお綺麗なので、女優さんになってしまってもいいと、かなり思っちゃうのだが・・。
だめなのであろうかぁ・・。(笑)
どこの女優さんなの?と間違われるくらいで、花をそえてくるかんじがこのドラマの強みでもあるからいいのだけど。

ちょっとそれにしても、ドラマの撮影風景は興味が尽きないのだが、
愛には無頓着な遼(町田啓太)であったことでも、何度も何度も繰り返していたけど
あんなかんじで撮影風景を描けば・・・20話はあっという間に過ぎてしまうってことなのだろうかと、
ちょっと疑問がわいてきた。

演じることは面白いと自ら思っている沢渡であったなぁ~。
沢渡さんが女優さんになってしまった方が、手っ取り早く儲かりそう~。

篤姫のような沢渡(笑)

そうそう・・脚本は田渕久美子さんでしたね~。

篤姫」「江~姫たちの戦国~」が印象深いけれど、篤姫は大、大、大好きであったことでも、篤姫と沢渡が同じ雰囲気を感じることでも期待が高まる~。
(大分前にもドラマ感想ブログで、コタツ。。とかというHNで篤姫の感想なども書いていたのだけど・・ココログから引っ越しそこねたようなかんじになり、なんとなく閉鎖したみたい。)
ちょっと頑固で突っ走るかんじは、仲間さんにぴったり似合ってますね。

篤姫というとやはり幾島との絡みもドツボであるけど・・このドラマでは誰が絡んでくるのだろうかと・・・。
まだ出てないですかね?

TOP