読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

デート ~恋とはどんなものかしら~ 5話 感想 高まりっぱなし。

2015冬ドラマ

「無理して実行お泊り計画!!初キスは波乱の幕開け!?」

いやぁ..妙に、妙~に009と003がカッコよすぎたことでも、
あのラストにはテンションが高まり極まってしまったなぁ。(笑)
それも二段階に極まってしまったというかんじ。

カウントダウンが始まるあたりから、
巧(長谷川博己)と藪下依子さん(杏)の初キスって映像はとっくに脳内で完結していたのだけど、
きっと、2015年の新年を迎えるカウントダウンが終わるまでに藪下依子さんがバイクで巧のいる場所にやってきて、熱烈なファーストキスを繰り広げるのであろう・・と
確信していたのに・・加速装置がついてなかったなどと・・お~~~いいかんじ。。。ってなっていたのに・・・
あ~んな展開になってしまうのが憎いばかりであった。
まぁなんとな~くその前からただならない佳織(国仲涼子)の意味ありげな気配が、雰囲気が漂ってはいたのだけど
まさか、まさかあ~んなことになってしまうのだから、インパクトがさらに高まるたかまる~ってなものであった。(笑)

新年を迎えるカウントダウンなことでも、なんだかわけがわからない展開に、気持が妙~に高まる今回。
長い髪といい茶色っぽい髪といい、やけに光る生地といい、すっとした009の出で立ちにゃぁ~息を呑むほどなのだけど、黒光りしている佳織がやけにおや?おやおやってかんじがしたとしても
やはり、藪下依子さんがバイクを走らせてきて、降りてからのヘルメットをとればしっかり003になってしまっているそのギャップ・・ったらもう。。。
なんだかぞくっとするようなお色気とまではいかなくとも、何んだろうなぁ・・やけにやけに似合いすぎている003ってことでも、テンションが高まり極まってしまうばかりであったなぁ~。
花火なカウントダウンが、意に反してあんなことになってしまうのだから・・二回ほどテンションが極まってしまったということでも、大満足な今回であった。

巧(長谷川博己)と依子(杏)の2人にはすっかり感情移入してしまって、愛着がわいてしまってることでも
なんだか愉快な回であったのだけど、さらなる展開が用意されて
佳織が依子のことも気にかけて誘っていたとしても、半分期待していたという展開は、
やはり恋愛はロックだ!と言っている兄の影響なのだろうかぁ。
鷲尾 豊(中島裕翔)といい佳織といい2人とも影響され過ぎだぁ~。

お父さん、結婚は当分ないかも。いや永遠にないかも・・と言っていた依子であったことでも、
やはりニートな巧よりか鷲尾くんの方がお似合いであると思うけど・・・。
巧にしても、佳織の方が理解してくれているので、似合っていると思うけど・・いったいどうなってしまうのだろうか?
っていうよりも、もてすぎな二人であったというこのかんじがおや?って気もする今回であったとも言えるかも。
なりゆきなままの二人ってかんじと、秘めた思いをここぞとばかりに爆発させる2人なことでも・・
えらく極まってしまったけど
幼い頃から今まで巧くんと言っては、見守り寄り添ってきた佳織の切ない思いには、なんともこちらも応援したくなってしまうばかりでもあった。
藪下依子さんのあのABC波状攻撃も見応えがあったなぁ~。
まぁ、、Aすらとどかなかったにせよ・・まむしドリンクやら、すっぽんコースやら用意周到な依子さんにもテンションが高まってしまって、さらに高まる今回は熱かったぁ~。

高等遊民な少年ぽい持論を懲りることもなく展開する巧。
いや、懲りることなどあるはずもない巧と、同レベルにどうにも結婚という大きなテーマを乗り越えなけらばならない依子さんのテンヤワンヤラブコメディーってかんじが、どちらもいい勝負であったと思うばかりだ。

それからこのドラマの主題歌もいいかんじだったのだが、今頃発売されるわけなのですね。

chay 「あなたに恋をしてみました」(short ver.)