読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

S−最後の警官− 第4話 感想

2014冬ドラマ

私的にAランクにしているドラマ。

一號(向井理)がいるNPSにSATの伊織(綾野剛)が出向してくることになり、
ドラマ内でのその経緯にも納得できるものがあって、ここはよかったと思う。
いがみ合っている二人であるけど、ようやくそんな二人に的を絞ってみることができるよう。
頭を下げてお願いする一號と伊織の関係も、良好なものにかんじられてきたし、
あの10秒待って、突入するという作戦には、なんだか初回を思わせるようでワクワクするものがあったけど、
見事にMへのパンチが決まったのに、可憐に去っていくMなのでしたね~。
憎いというか、どっちも見ていて納得するという大きな山場というかんじ。
面白さが増してきたと思うけど、一號と伊織の間も少しづつ幅が狭まり、いいかんじになってきたなぁ~。

国際テロリストM(オダギリジョー)の周辺も匂わせつつ、NPSやSATの背景でいったい何が起こっているのかということもわかってきたというかんじだったなぁ~。

そんなところしか感想として書くところがなかったけど、一度かかると免疫が増して強くなるというストーリー性からも、だいたい内容がわかってきているし、犯人像がやたらと。。ってことでも、あまりどっちかというと、見たくないドラマになっている面も感じられるみたい。
見たいドラマであるけど、そういう点で、事件ものドラマはやはり穏やかになれないし、とげとげしくなってしまうので、ちょこっと感想になりそう。
描かれる事件性というと、イジメやら虐待あれこれってことでも、だいたい出尽くして・・というドラマ事情でも、似たり寄ったり気味になっているドラマが多いけど、そこはやはり、なんていっても見せ方、味付け次第だと思うのだけど・・・。やはり似たドラマが多い。


ちょっとソチ五輪や大雪が降ったりと、あれこれ忙しくて・・周回遅れになっているけど、ようやく4話の感想。
(映画もあったので、5話も録画してあるけどまだ見てない。。。)
なぜかあまり冬季五輪は見たくないというか、見ていない状態でもあるけど。
あまり興味もない競技というのもあって、モーグル4位・・・ん~結果だけ見たけど(YouTube視聴)、
同じことをしていて、同じ演技をしているのか?昔とルールが変わったのかもわからないし、
ともかく地味なものになっていたという印象しかないなぁ~。
モーグルよりもやはり、断然スピードといい迫力といい違っているスノーボードでした。
ほとんどソチはそっ。。。ってかんじだけど。(笑)
まだメダルがない?・・・というのが驚くというか、なんだよ~ってかんじですね。
スポーツに関してはドラマと同じくうるさいんだけど、、見てしまうと長々と見てしまうからなぁ~。
しかし、見たい競技をやっているかというのも、日本人選手が出てないと放映されないし、
大回転ってまだあったのかっていう程度なのだけど・・。(笑)
主観的な判定が響いたり、飛んでみたりコブをせっせと滑るというモーグルは、スポーツとしては分かり辛くて、地味だなぁ~。
五輪の話が長々になってしまっている。(笑)

S−最後の警官− 第1話 感想
S−最後の警官− 第2話 感想
S−最後の警官− 第3話 感想