SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ダンダリン 労働基準監督官 第1話 感想

「働く人を守りたい…ブラック企業に制裁を」  HP

<配役>
段田凛(竹内結子
南三条 和也(松坂桃李
真鍋 重夫(佐野 史郎)
土手山 郁夫(北村 一輝)
田中 正一(大倉孝二
温田 祐二(水橋 研二)
小宮 瑠璃子(トリンドル玲奈
太田昌子(大島蓉子

相葉 博美(賀来千香子
胡桃沢 海(風間 俊介)
紺野 みどり(西田尚美
南三条恭子(石野真子

竹内さんのキャラ設定は、キュートで少し弾んでいる人が似合っていると思うので、
段田凛(竹内結子)のぶっきら棒なかんじはちょっとばかりノメリこめない雰囲気がけっこうあったけど、
コミカルなドラマってことでも、まぁ、ほぼ視聴決定ってかんじでした。
コミカルとしても、どこか不安にさせるような気持ち悪さがあったことから、
このドラマの作り方がけっこう気になってしまったけど・・・

凛の描き方が、内面をあまり表に出さないという控えめなかんじでしたね。
怒る・・ん~~~というような負けず嫌いな面や
山のあなたの空遠く幸住むと人のいふ。」な文学少女チックさや、
何かと映像的にも内面的にも横顔ばかりをクローズアップさせ、堅物な無鉄砲さばかり強調する様子は、なぜか
凛の影を薄くしていくようでもあって、全てが冒頭シーンに直結して行くようなかんじを受けました。
そんなわけで第一話は、不安定さの確立にあったってことなのかなぁ~。
どこか主人公の竹内さんの今までにないような不安定感は、このドラマの真骨頂なのだろうか、それとも単なる演出なのかわからないけど、ともかく不安定さに、え!どうなるのだろうっと、引っ張られるようでした。

こんな風にこれからも凛が描かれていくのだろうけど、かなり確信してしまうほど凛の影が薄いなぁ~ってかんじ。
つまり、まさに今必要なドラマって意味あいからも、切り込み隊長な凛の無鉄砲さが半端ないので、
釣り合いをとるためってことなのかなぁ~と考えてしまったけど、そうなると切ない話にもなりそうですね。山の彼方の・・・も寂しげ。

まとめ

それぞれのキャラも味があったし、立ってもいたのでけっこう面白いドラマってかんじでしたね。
来週から始まる強敵「リ―ガルハイ」を意識している為かもしれないけど、
初めの部分と終わりの部分はともかく、段田凛がどうなってしまうのかと、視聴者をロックオンしていたことは
間違いないと思うけど、あながちフェイクでもなさそうなかんじがしました。
しかし、雨の中のあの匍匐前進は、ただのおっさんを捕まえるだけなので、大げさ過ぎたなぁ~。(笑)こんなかんじで毎度大げさにいくのだろうか?

TOP