SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記


芦田師匠~~(^^♪

斉藤さん2 第2話 感想

あ、「華和家の四姉妹」と勘違してた

・・・しまった~このドラマ・・「斎藤さん」なんですね~!!
てっきり「華和家の四姉妹」かと思ってたので、
ぜんぜん今回勘違いしてました。(笑)

 設定が似ているのでほんとどれがどれだかわからなくなり紛らわしったらないけど、斎藤さんは、スキなドラマで1はしっかりみてた・・。
斎藤さんだとしたら、話は別です。!
しまったなぁ~ほんとうっかりミス。

桐谷 美玲さんがいいかんじ

今回も途中から見てみたら、確か真野さんっていたなぁ~とか、、思い出してきたし、
同じような内容になってきたなぁ~とか思っていて、なかなか今回の桐谷 美玲さんもなかなか面白いってことで、
感想を書くか~って思ってあれこれ書き始めた矢先・・あれ?ってやっと気がつきましたが「斎藤さん」だったんだ~これ・・。
観月さんのイメージからまたあれ??か~と勝手にドラマのイメージの方が先になってしまったなぁ。
「斎藤さん」っていうタイトルもありきたり過ぎるから、どんなドラマだったのかわからなくなるってこともあって、
もう少しインパクトのある鬼嫁とかなら、あ、あれか~とすぐ思い出すのに、今回は、うっかりというか、大きな勘違いをしていたようです。(笑)

ということで、初めは斎藤さんに対して、敵視していた摩耶(桐谷 美玲)が、ばしっと言い放つ斎藤さんの悪いことを許さない温かい大きな気持ちを知ることになってゆくことで斎藤さんになりたいと思ってしまうところは、やはり、よかったですね~。

私的には真野さんよりも、桐谷さんが演じる方がリアルで、好きになってしまうくらいだったけど、賛否両論あるみたいなかんじもあるのかなぁ?
真野さんについてはあれこれ悪口を言うのはモットーに反するので、書かないけど・・(笑)
ほんとちょっと斎藤さんのような素敵な人に出会い、感動してあの人のようになりた~いって気持ちは、誰でも持つ思い出し、見ていても、清々しくていいなぁ~と思わせるものがありましたね~。
これから、一般世論(いわゆる世間)VS異端児的斎藤さん(痛快な正論)の狭間で、奮起する摩耶(桐谷 美玲)に、
期待しないわけがないし、斎藤さんのバシッといい話していく痛快さも期待してます。
けっこう桐谷さんっていい味を出しているし、あのキョロキョロ笑顔~な風見鶏なかんじからも、せわしないようで過小評価されがちではあるけど、心の真の部分にはしっかりとした気持ちを持ち、斎藤さんのようにバシッと言えないことを悔やんでもいるってことで、憧れる気持ちが輝いていた今回でしたね~

ここは~ほんとよかった~。

しかし、もう、例の高校生に目をつけられるしまつ・・敵は世論と高校生もってことになって、、ちょっと面白い幅が出てきたラストでもあったかなぁ~。

ばしばしにうろたえながらも、奮起していくであろう、more可愛い真野的な、可愛らし~摩耶に断然期待してしまうかんじでした。一字違いでもあったわけか・・。

 

しかしこうなると、町医者ジャンボがどんどん下がって消えそう~

(感想は書くつもりだけど。)

TOP