Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。


★日本女子バレーボールチームは6位だったけど、実質8位かなぁ?w  戦国時代という言葉どうりの内容になっていた女子世界バレーだったが、ベスト3に入るのはもう・・・至難の業であると思う。日本人らしい戦術を磨き上げることが必要であるけど、後2年か・・無理だとかなり思うがミスを極力減らしていくことで勝機を見出せる可能性はあるかなぁ。技量が増せば速さも伴うものだよね。理屈なんて後からついてくるがシンプルに速さはつまり、鍛錬あるのみですよね。出来ないのになんで難しくするんだろう・・。先導者が難しくしているかんじだけど、タイチームのシンプルさを見習いたいとも思う。シンプルに考えてやっていれば日本人は技量を身に着けることにかけては、外国には負けないはず。

トッカン 特別国税徴収官 第7話(感想)

悪徳ガールズ・バー 楽して稼げる裏バイト売り上げ偽装の巧妙手口を暴け!」

なんと言っても、南部千紗(木南晴夏)の登場シーンが最高だと思うけど、千紗(チサという名前もいい♪。)が運転していると、ダサいOLが、、ぐー子(井上真央)だったなんて、、この場面だけでも、、面白いし、ともかく、千紗の目元に釘付けでした。(笑)
ぐー子とのやりとりも、面白かったし、ぐー子のいなかべ会話がまたユーモラスでなかなかなおいしいシーンというところでしょうかねココ。

今回2話分盛り込んできたというかんじだけど、、いっぺんに錨(星野真里)のエピソードも終結してしまったみたいで、、あっけなかったというかんじもするとしても、鏡(北村有起哉)トッカンが、偉いことになったものです。
これはこれで、2話にまたぐ展開といっていいけど、次回も出ますよね~みたいなぁ。。。
(このままトッカンががんばって出てもらいたいんだけど。。。なんでまた。。)

ラストの鳴き声がなんとも悲痛なものであった錨(星野真里)の気持ちが、その場を呑みこんだといってもいいと思うけど、、
知らない間にこんなにも魅せる女優さんになってきたのかと驚くばかりでもありました。
終始できる女をしっかりものにしていたといえるし、裏表を使い分けるところもなかなかいいかんじでした。

前半的にグーちゃんのあれこれオーナーの尾行シーン満載も面白かったし、お店の面接に奮起する様子もいうことなしで、前回とは違うわけだと思うけど、かなり回によって違いがあるのもなんかもったいないという気もしてくるし、、このままのおもしろさを維持してくれたら、、何もいうことないくらいなのに、ほんともったいないかんじもあります。

お店に潜入捜査でのお色気ぶりがけっこう観れたこともよかったなぁ~。

TOP