読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

★5/26中田監督の会見があったようですね。伝説のチームにしていきたい・・も良かった。やるべき課題も見えているようで一安心。

ATARU 第3話(感想)

「身勝手な男心VS奇妙な女心」
HP:http://www.tbs.co.jp/ATARU/

今回は、身勝手な男心(父親)VS奇妙な女心(母親)ということだと思いますが、
または、息子VS恋人ともとれるので、なんともしっくりしないストーリーだったようでした。
しかし、栗山主演状態からチョコザイへシフトか・・みたいなかんじもしてしまった。

そいうわけでなんとも今までのよさがなかったこともあり、切り口を変えてきたかんじもしたので、すっきりと観れなかったけど。。。
どうも今までの物語とは違って違和感がんがんでぜんぜん違っていたな~というかんじで、
まさか栗山主演状態からチョコザイにシフトしてゆくってことでしょうかね・・。
だとしたらもったいないって思うけど、そこらへんが気になってきました。

それにしても、毎回「シンクロナイズドスイミング刑事」にヒントがあるんじゃなかったかな~とも思うけど、
足が動かないっていうのがそれだったか、、どうかもわかりづらかったけど、
構成がばらばらだったみたいで、
ころころコッロケがやっつけ仕事化してしまったし、
アタルとのやり取りも大ざっぱなようなかんじもしたし、
沢俊一(北村一輝)と蛯名舞子(栗山千明)の掛け合いもあまりなかったこともあったので、
どうも違うな~というかんじがして、、
さらに、
スープカレーの場面や、急に起きたり、寝たりとかシャワータイムなチョコザイの生活場面が、
皆無になって新たなステージへってことなのかもしれないけど、
コロコロコロッケは健在なんだみたいな。。ところがわかりにくいところでしょうね。
ちょっとそれはないということであまり好感度が落ちるような要素を排除したんだろうかって気もしてしまったけど、
大人の事情で(朝食が食べかけのスープからのイメージ損ねる~あれこれ)栗山主演状態をチョコザイにシフトしたならば、とんでもないことですね。
この違和感を受け入れるならば、見えてしまったも同然で、前クール月9のようならば、先は見えちゃってるってものでしょう。。。
栗山さんが舞台が忙しいってことはないと思うけど。



な~~んて。。へんな感想が思いつきましたが、次回がどうなるのかそんな意味でも興味深いです。