SpringStar★

ドラマ感想日記~ほどよくしなやかに~

2018世界バレー(プエルトリコ戦)の感想 中田監督の更迭もありなのか?

f:id:vividlemon:20181009025219j:plain

ん~ストレート勝ちでしたが、勝ってあたりまえの試合でもあったので面白みがあまりなかった。
まぁ、今の全日本は魅力の感じられる人がいないのだけね。(古賀選手は別w)

後はどこか暗く不満げな顔をしている選手たちばかり。
なんでだろうか?
魅力なんてありゃしない!!!

ハッキリいってアンチ中田ジャパンになりかけているけど、こんなんじゃ更迭もありだと思うよね。(笑)
ハッキリ言って中田久美さんのファンだとしても、やはり昔の話でほんと・・2年でこんな状態であるのはびっくり!!予想外だったなぁ。
選手に恵まれない時代に任されたという説が現状のようだけど、
ある程度頑張っているので、後、一点を取れる選手がいないというのがね・・わかりづらいところでもあるなぁ。
木村沙織さんのような絶対エースが存在しないのだが、
やはり韓国と同じく何百年に一人という逸材であったサオリンということも言えそうです♪

もう当分出ないだろうけど、もう、やはり二年後の東京五輪も無理だろうなぁ。

10/10(水)のオランダとブラジルの試合でまたまたブラジルが負けたら、
棚ぼた式な3次ラウンドへという展開になりかねない気もするのだが、
まぁ、やはり自力でブラジルに勝つことが一番。
勝ったらある程度今の中田ジャパンを評価できる気もするけど、ブラジルってチームの状態がどうなんだろうかという疑問もあるかなぁ?

やはりブラジルVSドイツ戦のように一点の差を争う試合内容を期待したいもの。
(それが日本の勝ちパターンだからね。)

 

それにしても!!!!!!!!!

第3ラウンドで戦う相手、ロシア、アメリカ、中国、イタリアなどがまだ混戦しているけど、あちらのグループになっていなくてほんとよかった。(笑)
あっちの組だったら即負けていただろうから、日本に有利な組み合わせ(開催国の特権?)となってることも明白っぽい気もするとして。w

そんなことでもブラジルの勝ち点もなかなか伸びないわけでもあるが・・思うように負けてくれてほんと、日本の思うツボかも?

 

あ、そうそう中田監督は覚悟しているというコメントがあったけど、それは何を意味するのか、更迭もありということなのか??

明白にしてもらいたい!!!!!

2年経ってこれでは・・・東京で金メダルなんて夢の夢だろうなぁ。

ハッキリ言ってもう辞退してもいいくらい。

そして、次の監督はそう!!ロンドン銅メダリストの木村沙織選手と同じく日本のバレー界の逸材でもある・・

 

竹下佳江監督にchange!してもらいたい♪

後2年しかないけど、やってくれると信じられる唯一の人だよ。
(眞鍋コーチ付きというオプションも可能。w)
中田監督というよりもう久光アレルギーなのだが、もう、中田第一コーチとして五輪に参戦するのも更迭されたらありです。形に拘っている場合ではない!

五輪で金メダルを取るなら、それぐらいしないとね。

よそのコーチを入れたり、選手と直に采配をしない監督なんて到底、苦しんできたバレー選手のやることじゃないとも思うのだが、それが今のチームのまとまりのなさ、不甲斐なさなんじゃないだろうかね。

あのスタイルはどうしてもハッキリ言って馴染めんなぁ~。

2018世界バレー(ドミニカ共和国戦)の感想 ドイツがブラジルに勝ったことでも・・。

f:id:vividlemon:20170810023323j:plain

第2次ラウンド(名古屋)初戦のドミニカ共和国戦はフルセットの末・・日本の勝利♪

しかし、しかし・・・
やはり第1次ラウンドでのブラジル、セルビアに次ぐ3位で勝ち上がってきたことでも、侮れないドミニカ共和国であった。
フルセットにもつれ込むとは思いもしなかったけど、
日本のコーチ陣はわかっていたのか、しっかり第一セットからベストメンバーで臨みましたね。

ベストメンバー(古賀、黒後、荒木、奥村、田代)

途中から劣勢になってしまい、石井、長岡、富永セッターといういつものメンバーに交代したけど、しっかり仕事をしていたことでも、なんとか踏ん張ったことは得るものがありました。

とくに、長岡選手のバックアタックも健在であったし、石井選手がいまいちだった1次ラウンドなことでも、かなり息を吹き返したのもよかった。

苦しい試合になったときに挽回するためにも、この3人の頑張りがないと勝てないこともよくわかりました。
しかし、フルセットにもつれての後半はちょっと決められないことも多かったのも課題が残るかなぁ。

とにかく第2次ラウンドに入って控えのメンバーとの一体感も感じられたのが良かった。
一つにやっとなってきたように感じられたのがよかったよ。
(今までがなんだか感じられなかったからね。)
(コート上でも先輩風を吹かすっていうか、そんなもんが顔に出ていたように感じられたけど、大人しくなったようでよかったw。)

ブラジルがドイツに負けたことでも、ちょっと日本にも可能性が出てきたようでもあるけど、やはり得失点差まで絡むようなことも言っていたから、ほんとギリギリの戦いが続くことは変わらないでしょうね。

明日、10月8日(火曜日)のプエルトリコもまだまだ油断のできないチームだと思うで、きっぱりと勝ってもらいたいもの。

そして、やはりドイツがブラジルに勝ったことでも、けしてブラジルに勝てない相手ではないこともわかったけど、
しっかりブラジルも気を引き締めてくるだろうことでも、やはり、容易く勝てるチームでもないことも明白であるか・・。
(ブラジルは日本にストレート負けしたドイツってことでも油断したのかね?)

それにしても、第一セットだったか、日本が取ってなかったら、どうなっていたかわからない試合だったかなぁ。
ほんと!!!!!!!!!!!!!!侮れないドミニカ共和国戦でした。

それにしてもフルセットには荒木選手の速攻もしっかり相手に読まれて決められなかったのだが、ミドルブロッカーの攻めがあまりないのも、痛い日本ですね。
なかなか今大会・・日本のミドルブロッカー人の機動力がよくないですね。

なんでこ~も決まらないのか・・田代、富永の2セッターってことでも、合わせるのに時間が足りないってことですかね?

タイの速攻は羨ましいほどバシバシ決まるよね~。
余裕がないって証拠なのかなぁ~。 

第2次ラウンド初戦の詳細

日程 開始時刻 対戦カード セット
カウント
得点 総得点 時間
1 2 3 4 5
10/7(日) 10:40 メキシコ - セルビア 0 - 3 19 - 25 17 - 25 15 - 25 - - 51 - 75 1:13
10/7(日) 13:25 ドイツ - ブラジル 3 - 2 14 - 25 19 - 25 32 - 30 25 - 19 17 - 15 107 - 114 2:16
10/7(日) 16:10 オランダ - プエルトリコ 3 - 0 25 - 16 25 - 15 25 - 20 - - 75 - 51 1:12
10/7(日) 19:20 日本 - ドミニカ共和国 3 - 2 25 - 17 28 - 26 22 - 25 25 - 27 15 - 11 115 - 106 2:26

ドミニカ共和国戦は第4試合目、勝ちきれないことがフルセットになった原因なので後一点が取れないチームということは変わらないみたい。(その辺が課題か?)最後はなんとか離して勝ったという印象。

★ドイツブラジル戦は第三セットが32対30。そして第5セットも17対15っということでも凄い試合(紙一重)だったことがわかりますね。
ちょっとドイツとオランダの出来次第では大波乱が起きる可能性も捨てきれないことでも、日本の危機度は増すことになりかねないかも・・。

TOP