Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

監獄のお姫さま 第7話 感想

f:id:vividlemon:20171019060922j:plain

カヨたちの雑居房での会話が弾んでいて楽しそうなことでも、
ほんと面白いというかホッとするドラマになってますね。

ただ厄介なのは未来のクリスマスでの先生(満島ひかり)の立ち場だが、
刑事に疑われてしまったとしても、潜入刑務官だと言って誤魔化していた先生でもあった。
軽く整理してみると、
吾郎(伊勢谷友介)がしゃぶ厨(猫背椿)の美容室で拉致されたことでも
吾郎の秘書という先生が怪しまれるというのは当然であるけど、
それも見通して先生は潜入捜査官であると名前までかえていたってことかなぁ。
カヨたちと一緒に個人で潜入してるわけだけど、刑務官として潜入しているってことかもしれないなぁ。
まぁ、真相を究明するためってことでは目的が同じわけでもあるけど。
このへんはわからないことでも、ん~~先生の立ち場に翻弄されそう。(笑)
まぁ、SOSをカヨ達に出してもいたから、カヨ達の仲間であるんだろうけどね。
まだ、個人プレイなのかそれとも特命を受けているのか?わからないですね。

で、あんまり女優(坂井真紀)の過去も興味が持てるものでもなかったなぁ。
わざわざあそこで言わなくてもって、押し付けがましさをかんじてしまったことでも、ハイハイそうですかって、他のメンバーと同じ思いでもあったなぁ。
壮絶過ぎて冷めちゃうかんじでもあったなぁ。(笑)
しかし、カヨたちと暮らした塀の中の生活で、綺麗さっぱり改心したというのはよかったけどね。

復習ノートが先生に見つかり、コピーして返すのかと思われるけど、
コピーをどうするんだろうって考えるとやはり、吾郎の真相究明ってことでも先生は正真正銘な潜入刑務官なのかもね。

今回もかなりネタが入れ込まれていたようだけど、そのへんはあまりわからんでも楽しめるドラマとなってるからいいのだ。

しかし、女優の過去の話しとそのネタはあまり興味がないのだけどね。
ネタよりも話の方向性がちょっと合わんのが引くところ。
この視聴率ではそんな人が多そうでもあるが。(笑)

TOP