SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ようこそ、わが家へ 第8話(感想)

「ゴメン、僕は母さんを守ることが出来なかった…」

どんだけ恨まれている倉田家だよ・・て声が聞こえてきそうだけど、
それだけ魅力的な家族でもあるってわけなのだろうなぁ~。
それにしても母親への恨みは、てんこ盛り状態だったってことか。
もしかして妹の七菜(有村架純)のときと同じ恋仇ってことなのかもしれないけど、
ん~~何度も同じような事を持ってくるとは・・ってかんじ?

いや、感想はパスなんだけど、西沢(山口紗弥加)さんが良かったことでも、つい書きたくなってしまうこのドラマ。(笑)
心配して太一(寺尾 聰)に話かける様子が、なんともよかった。
短刀直入に切羽つまっているようなあのかんじがいいですね~。
何かえらいことになるのだというかんじが、にじみ出ているのだが、まったくな真瀬(竹中直人)をかんじさせるのもいいなぁ~。
いや~な奴を肯定させてもいる演技がいいと思う。

まぁ、軽快なフットワークとSpeakでも魅了されてしまう明日香(沢尻エリカ)も魅力的なのだが、
ちょっと頼りなくて、がんばってしまう健太(相葉雅紀)やら、
お人よしな母親というかんじの倉田家なことでも・・
つい見守りたくもなってしまうようであったなぁ~。
そのへんがプチ高視聴率の原因なのだろうか?

9話でやはりってかんじの下村民子(堀内敬子)の回になるのであろうけど、健太も大変だ・・。
残り10話あたりで地下鉄エピソードなのだろうか?

f:id:vividlemon:20150522110118p:plain

TOP