SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ようこそ、わが家へ 第5話(感想)

「犠牲者発生!最弱のヒーローが遂に動き出す!」 

それにしても、作りが分かりやすいドラマになってしまったなぁ~。
緊張感もあまりなくなってきて、なんだか見やすくなってきたみたい。
歩道橋の階段で押されて怪我をした明日香(沢尻エリカ)の代わりに、仕事を頑張る健太(相葉雅紀)であったけど、
明るくて可愛らしい~明日香であることでも・・
仕事をコツコツと頑張っている明日香なことでも・・
明日香が家族のような人になってきていることでも、犯人への怒りをぶつける健太がかなり眩しかったなぁ~。
やはり、一方的な押し付けがましい言い分でなく控えめな、かなり健太らしい言葉で説得する様子は、心に響くものがあってよかったと思う。
これならばあの自転車の男にも少しは届いたに違いないと思ったけど、
やはり魂が込められている言葉が動かすのだ・・なんて思っちゃうわけですよね。
ヘタレでもいい・・ナリフリ構わず魂でぶつかっていく健太がかっこよかったなぁ~。
こういうのをカッコイイというのだろう。
(魂を持って生きなければ・・・。)

f:id:vividlemon:20130723040351j:plain *1

 内容の方は・・えらくお決まりなものを、バンバン入れ込んでくる展開になっちゃうわけでもあった。(笑)
まさかのラブラブツーショット写真まで名無しさんに見られていた七菜(有村架純)だったり、
電気釜とぜんぜん違うという登り窯のあるところ(山)に誘われる珪子(南 果歩)であったのだが・・・
まだまだ気が抜けませんね~。

今回の自転車男と同じような人がつまり、七菜のストーカー男というかんじであるけど、(回もまだ半分だし)ストーカー男も名無しさんではないってことなのだろう。
そうすると電車男は果たして・・最後に出てくるってことになるのかなぁ~。
そんなかんじもする今回であった。

*1:お借りしました。

TOP