Spring Star★

気ままなドラマ感想

なるようになるさ。(2) 第2話 感想

綾の声と動きがツボる。

綾(浅野温子)のトーンの特徴について毎度突っ込みを入れては、面白がっていたけど、、よくよく声を聴いていると、
なんだか親しみやすいような、なんか癒される波長が出ているような・・そんな癖になる声の持ち主のような気がしてきた。(笑)
そしてかなり動き回っていたけど、かなりの運動量だったことでも、(真骨頂か?)この二つが今回ちょっとした発見でもあった。(笑)
声の質やトーンがあれ?みたいなへんな言い回しだけでなく、こんなへんな動きをしていたことで楽しませていたとは、、評価が高まったけど、こうなると感想は一人一人個別に書いていった方がいいのかもしれないなぁ~て気持ちになってくる。
(個性的な人が多いし・・。)

寝室トークでは、青竹踏みになるらしいグッズを足につけて、痛そうな顔をしながら、足踏みしていたり、あっちに行ったりこっちに行ったり、万歩計をつけて運動には余念がない綾であったけど・・・あの動きには思わず、頬が緩んでしまうなぁ~。
しっかり綾の置かれている立場と連動していて、単に動いているだけでないのがいいけど、息子の嫁が来たくないのも姑と一緒に暮らしたくないからだろうってな大悟(舘ひろし)の言葉に、急に行ったり来たりと変に動きまわっている様子は、微笑ましばかりで、、多分演出家さんの共々息がぴったりというかんじがしてしまった。

あなどれないわ~ってかんじが、このへんにも出ていると思うけど、
そのへんのコメディードラマ比べたら、品とセンスといい比べる質が違う・・。(笑)
そんなこんなで奇をてらっていないところがまた、、いいなぁ~て思うドラマであるけど、自然体なことが何よりもいいし、ちょっと長い台詞が鼻についても、OKってかんじなんですよね~。

演出、脚本家様とキャストの方々が見事にマッチしているドラマなんだなぁ~ということを今更思った。

そんなわけで、やはり綾にはしっかり魅了されてしまったことでも、思わぬ収穫だったけど・・、他の部分がこれからどう動き出すかってことになるかなぁ~。
香子(南沢奈央)もお気に入りにすっかリなってしまったし、大悟、恵理(紺野まひる)はもちろんのこと、たつ(渡辺美佐子)他、みんないい人ばかりみたいで、ほっとしますね~。
まぁちょっとやはり、キャラクターについて突っつくのは、綾と大悟に限る。

お店をやりたいという綾だと思うので、やはりお客さんがお店に来ていて、忙しくパスタを作っている仕事ぶりが観たかったなぁ~。説明口調な台詞が先行しまくったかんじだったけど、やはり初回のような仕事ぶりが観かったことを最後に添えてっと。(笑)

TOP