読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

勝手気ままなTVドラマ感想日記

書店員ミチルの身の上話 第1話(感想)

2013冬ドラマ

「平凡な女」
語りが、あの大手出版社の営業マン豊増一樹(新井浩文)かと思ったら違うんだ。
HPを見ていて気がついたけれど、また謎が増えたというかんじ。
語り手のミチルの夫は、大森南朋さんだった。

もう少し古ぼかしイメージを懐いていたこのドラマだったけど、宝くじに当ってしまうという冒頭の部分がだんだん後から効いてくるというかんじで、書店の上司たちに頼まれていた宝くじが静かに動き出してエライことになってゆく。。。っという話なのだろうなぁ。

恋や仕事も平凡で、よくあるような暮らしをしているミチル(戸田恵梨香)が、ついに平凡な生活から抜け出したいというかんじだったけど、
さらに宝くじがとんでもない運命をミチルに与えるというわけなのかなぁ~。
ドラマから受ける淡々としたかんじが物足りなさを感じるけど、
いったいどんな結末になるのか、興味深いドラマになってますね。

やはり、一時間ドラマと比べると、短すぎるかんじ。