SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ストロベリーナイト 第7話(感想)

「悪しき実」

所轄では、『暴力団組長殺害事件特別捜査本部』が設置され、
姫川班は、別件で死因不明の遺体について調べるという7話。
この二つはどうも一つの事柄にまとまってくるみたいですね。

日下(遠藤憲一)、井岡(生瀬勝久)が関わってくることでも、
こうもキャラが立ちまくっているというのは、それだけで絵になってしまうわけだけど、
このドラマのすごいところでもあるというもんでしょうね。

暇なときってどうしているのかがよくわかる姫川班は、オセロをしている姫川(竹内結子)や、菊田(西島秀俊)のパチンコは面白かったけど、
「どうせ出ないんでしょ」っていう姫川に対して、うそぶく菊田も面白かった。
「すいません」と何かにかけて姫川に弱いみたいだけど、妙にどうしても頭が上がらないというかんじなんでしょうかね。

今回、7話となるとじっくりとみせてくるというわけなんでしょうけど、
暇なときの過ごし方がそれぞれ違うことも面白かったところで、
石倉保(宇梶剛士)が、「畑を耕す」と言っていて、家庭農園でもしているんだろうかと思ったけれど、
情報源の確保ということで、世間話をしたりと、いざとなったときの為に情報を得やすくしたいということだったとは、うまいことをいいますね。

さらに、歩いて捜査することが基本な石倉保の、今年はまだ2足目だと落胆するというのもすごかったけど、
その成果とも言える石倉たちお手柄があったことも納得できるところでした。

どうも一人の女性が絡んでいることがわかったけれど、
なぞの女がすべてを握っているという流れになってくるというわけなんでしょう。

今回は、それぞれのキャラの濃さをさらに増してきたわけですが、
日下の捜査に対する哲学(一つ一つ確かなものが、確信へ結びつくという)というものもおもしろいし、そのいちいち面どくさい様子をどん引きされてしまうのも面白いし、
それでいて、一目置いているという、生理的に合わないという姫川な様子もよかったところでした。

姫川が大好きな井岡(生瀬勝久)な様子もおもしろかったけれど、
お守りをどうにもつけたいという、、姫川のカバン発見や、
日下に対する小言満載ぶりな「がぶりより」だとか、日下と共にしてゆくやってられない様子も何んともおかしいところでした。

「組長が二人で話していた」という日下のかぶりよりは、

真実しか信じないという広い視点がいかされたってことで、
捜査の方向性を正すラストは、なかなかだったんだけど、
地味にまとまちゃったかんじは、
やはり「がぶりより」という表現があっていたんですね。
地味にまとめた7話なかんじもよかったかな。