SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

家政婦のミタ 第6話 (感想)

計算高いというかんじが見え見えになってきたかんじでしたが、
こうなってくるとどうなんだろうかというところ・・。

まぁ~長女の結(忽那汐里)のこともようやく、一息ついたみたいなので、
これでひとまず落ち着いてくると思うけれど、
また、、次回の予告をみると、恵一(長谷川博己)川の中だし、、
屋上から助けてコールだし、、
見ないわけにはいかないですね・・。
次回は恵一編ということかなぁ~?


よーく考えるとこのドラマ感想を書くほどに内容があるとも思えないかんじがしてきましたが、そんなかんじで以下感想です。

恵一が全部悪いけれども、家庭を大事に思うからこそ、奮戦している長女(忽那汐里)だったり、恵一だったりするところが引き付けられる要因の一つなんでしょうね。
(恵一はだめながらも奮戦しているところがおもしろいんですが。)

母方おじいちゃんの心配する様子に恵一の逃げるばかりなところや、
不倫相手の事しか頭にない恵一だったりする中で、
長女(忽那汐里)のことがようやく描かれてきました。

結果的に騙されたわけだけど、その落胆からまさかな展開になってきたことはいいとしても、どんだけ~というくらい、ミタさんのシーンは、、
見せるばかりでした。

こうなってくると理屈でないことがわかるけど、
無の境地から書き上げた台詞なのだということがよくわかるというか、
理屈でないことに納得するばかりです。。

ミタさんの怖いターミネーターぶりが、圧巻でした。
「おばちゃんが言ったっていわないでね~」と言う、
所長は、ミタさんのことは知っているみたいだったけれど、
知ってるんですね。やはり。
後はどこまで知っているかでしょうか。。

まだまだ理解できないことばかりがミタさんの口から出てくるし、
疑問が増えるばかりですね。
そいうわけで、理屈ぬきに見るドラマであるということに、
納得してみることが一番なんだなぁ~ということです。