SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

2011夏ドラマ

IS(アイエス)~男でも女でもない性~ 第7話 (感想)

春がようよく答えを見つけたようですね。けして興味本位でみているわけではないけれど、春のお兄ちゃんぶりがおもしろいし、夜しかみえない月のような存在という美和子には、ちゃんと恋人候補まで表れてきて、きらきらと輝いているところがなんともいいです…

全開ガール 第8話(感想)

婚約指輪まで話が進んでいるというのに、ほんとうは少しは草太のことが頭から離れないのだろう。そんな若葉の心模様をしめしていた、部屋に貼り付けてある「嘘は大罪」「嘘は、閻魔が。。」とか?の紙、紙。。そんな気持はないにしても電話で嘘を放つ若葉ぶ…

ドン★キホーテ 第7話 (感想)

8/27(土)地デジ初めての隅田川花火でしたが、アナログテレビとは大違いでした。花火大会はしかし、TV視聴だけという今年の夏なれど。。けっこう豪華絢爛だったのでよかった~~♪ 中継も少なかったし、やはり今年は一味違うかんじです。さて、美少女は替…

勇者ヨシヒコと魔王の城 第8話 感想

勇者ヨシヒコと魔王の城 第8話 「転職します」軽い感想です。今回はちょっとアイドルに転職したというよりも、やらされてる感がまたいいという割れたチョコレートか~みたいなかんじがしてたけど、、順応していて感化されたヨシヒコののりのり感はもはや、な…

それでも、生きてゆく 第8話 感想

「それぞれの覚悟・・・」このドラマはやはり、どこか寂しく影があったり、何かを背負ってひたすらに耐えていたり、不器用な生き様をコレでもかってくらいに見せてくるドラマなのかと・・。タイトルからして、洋貴と双葉のそれでも生きてゆくというストーリ…

絶対零度 第7話 (感想)

絶対零度 第7話 (感想)そろそろ確信へと向かう前のワンクッションというところなのでしょうけど、(まぁ~いままでになく、わかりやすかったのでUPなのだが、、。)ともかく、次回、、あの堀内敬子さんが出るみたいだし、つぼりまくりな人なので犯人役だとし…

胡桃の部屋 第5話 (感想)

胡桃の部屋 第5話 (感想) 裏切り胡桃の部屋というのがこういうことだったとは、しるよしもなかったけれども、主人公ぽいかんじもあったし、胡桃の空いている隙間のことを示していたというのもおもしろいところでした。三田村桃子(松下奈緒)や三田村綾乃(…

全開ガール 第7話(感想)

全開ガール 第7話(感想)「良い人でもイクメンでもないずるい大人なんです」今回は、鮎川若葉(新垣結衣)と山田草太(錦戸亮)の回ということで、その若葉が思いを寄せた草太とのシーンがやはり、どういう意味か若葉の気持や草太の気持がわからないので、…

IS(アイエス)~男でも女でもない性~ 第6話 (感想)

IS(アイエス)~男でも女でもない性~ 第6話 「男でも女でもない性手紙…暴かれた秘密」なんでもオープンにして自らの気持に向き合っていこうとする春であるけれども、恋に関しては、ちょっとそうもいかないということで、さけて通れない一番難しい問題にさ…

ブルドクター 第7話 (感想)

バラ色の聖戦が待ち遠しい~というか、ふたを開けてみてみればなんとやらで、いまいちに転落してゆくドラマ、ドラマ、ドラマというかんじな夏ドラたちであります。このブルドクターもまたしかりなぁかんじなのだが、なんとかまぁ~ぎりぎり崖っぷちを瞑想し…

勇者ヨシヒコと魔王の城 第7話 (感想)

勇者ヨシヒコと魔王の城 第7話ゆるい感想でいきます。前回、ヨシヒコが歌いだしたり、かなり低レベルなコントであったことには、感想も書く気力がなかったけれども、今回は、けっこう大爆笑でした。毎回初めの方がちょっと見損ねるわけですが、ジウの後半と…

全開ガール 第6話(感想)

「正面突破で行こう!人生初の告白だから」今回のつぼったところは、寝ている山田草太(錦戸亮)にキスをして、「つい、、」と弁解するそよ子が、かわらしいというか。。で、鮎川若葉(新垣結衣)よりも焼きもちをやいてしまうところでした。そよ子役の人も美…

それでも、生きてゆく 第7話 感想

「心の闇について…」文哉の心の闇の部分にけっこう時間をかけていて、、文哉の疑問点が少しはわかったことはよかったけれど、現在も進行形ということで、双葉がいっていたとうりぜんぜん反省していないというか、直っていない文哉の下りは、、ただ衝撃的に描…

IS(アイエス)~男でも女でもない性~ 第5話 (感想)

「男でも女でもない性禁断の恋にゆれる…」禁断の恋。禁断という意味するところがよくわかりにくいかんじではあるけれど、ドラマチックというかんじで描かれていくことは、少なかれあるのかと思れ、するとドラマ的にある程度誇張したりして描かれてしまうかん…

それでも、生きてゆく 第6話 感想

「招かれざる客」けっこう疑問府ばかりなドラマになっていて、それで見せているかんじがあるけれども、次がどうなるのと、昼ドラぽいようなところはあまり好きではないかんじ。つまり、そうなるとただの娯楽そのものになってしまうようなかんじなので。今回…

ブルドクター 第6話 (感想)

「復讐!誘拐犯の標的は解剖医」全回が釜津田(石原さとみ)のピンチだとしたら、今回は大達珠美(江角マキコ)のピンチというかんじ。まぁ~全回は二人ともに危なかったわけだけど、珠美の仕事の危険性が描かれていくというストーリーでした。しかし、珠美…

全開ガール 第5話 (感想)

「これが私の素直な気持ち?そうか私が好きな人は」若葉が恋に仕事に奮戦してゆく、若葉なるがゆえのラブストーリーってかんじはやはり、みていても飽きないかんじです。まぁ~度々、チャンネルを合わせる気力が出なかったわけですが、少しおもしろくなって…

絶対零度 第5話 (感想)

つぼる人がけっこう出ていておもしろいのですが、なんか感想までは書きづらかったところ。事件ものの難解さということなんだけれども。今回の事件はといえば、なんとなくイマイチなかんじでした。防災マップを作るという経緯からの過去話のエピソードに、ト…

IS(アイエス)~男でも女でもない性~ 第4話 (感想)

今まで、この言葉自体を知らなかったこともあり、どれほどにこの社会の中でその真実が息を潜めたのだろうことを、失われていったことをこのドラマから少しはわかればいいなと思います。このドラマは、しかし、切々としたドラマであるので、大好物なのですが…

勇者ヨシヒコと魔王の城 第5話(感想)

今回は動く仏像のところが、けっこうおもしろかったしムラサキ(木南晴夏)の萌えキャラぶりが発揮されていたことも大満足というところでした。ヨシヒコ(山田孝之)と仏像の下りは圧巻だったわけですが、仏像のやや悪乗りなキャラに対して、おびえるヨシヒ…

ドン★キホーテ 第5話(感想)

ドン★キホーテ 第5話 「赤ちゃん危機一髪」今回は作りこまれていたこともあり、前回よりもおもしろさが戻ってきたようです。城田正孝(松田翔太)と鯖島仁(高橋克美)は、児童相談所と鯖島組ということで、全くの異質な組み合わせに見えるわけですが、毎回うま…

ジウ 警視庁特殊犯捜査係 第2話(感想)

前回の思わせぶりな終わり方からして期待大だったところですが、ちょっと期待はずれな展開をみせたのはがっくりなかんじで、おもしろいにはおもしろいけど、厚みがあまりないというか主人公のキャラ立ちがいまひとつなようにも思えてどうなんだろうかってか…

それでも、生きてゆく 5話 (感想)

「居場所を求めて・・」それぞれに決意がめだった今回は動きがだいぶでてきました。双葉の父親の駿輔は、洋貴の母親に謝りたいというし、その母親も何もなかったような日々に終止符をうち、暗く避けてきたことに向かい始めました。延ばす手が二人の距離感を…

ドン★キホーテ 第4話(感想)

ドン★キホーテ 第4話 「お好み焼き大作戦」3話と比べると中だるみの回というかんじで、今までのできが良かっただけに、ちょっとあれ?ってかんじです。今回は、城田正孝(松田翔太)が幼い子の面倒をみるということで、城田が奮戦して子どもを預けてくれる…

ジウ 警視庁特殊犯捜査係 第1話(感想)

「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」黒木メイサ×多部未華子W主演テレビ朝日 7月29日スタート(金曜夜11:15~0:15)しかしテレ朝、「9係」、「おみやさん」、「陽はまた昇る」、、とほとんど刑事ものばかりですごい。なんとなくそこらへんはお手のものというか、絶…

ブルドクター 第4話 (感想)

ブルドクター 第4話 「解剖vs心臓移植!究極の選択」ちょっとおやおやな展開をみせていたので、だめかな~と思っていたら、4話はびっくりするほどの様変わり。初めの頃よりも、主人公が前面に出てきたと思えるので、おもしろくなってきました。しかし、江角…

それでも、生きてゆく 第4話(感想)

*好きなドラマの感想は、いわば復習でもあり不可欠なんですよね。*(この夏、こころ模様がとても深く粛々と描かれていて、その澄んだ空気感や夏らしさにどっぷりと浸っていたいドラマですね。)第4話「明かされた真実・・」今回明かされた真実には驚きまし…

TOP