SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

母になる 第5話 感想 親子らしくなってきた。

f:id:vividlemon:20170420115934j:plain

5話にしてこのドラマをやっと受け入れることができるようになってきた。
沢尻エリカさんの新米母らしいふるまいがいいかんじ。
そして夫・陽一(藤木直人)もいいかんじだ。

それにしてもこんなフレッシュで綺麗で優しい母親であったらなびくのも早いはずなのにね。(笑)
テレビを見ているシーンがあったがドロンジョ様役もいいかもと思ってしまったのは私だけかなぁ~深キョンよりもいいかもと・・。w

母を訪ねてGoogleマップな今回なのだが、時代も変わった~というかんじでもある。
生んでくれた母は一人しかいないことを学ぶ広(道枝駿佑)。
そして結衣(沢尻エリカ)と交わされるLINEのやり取り・・。
なかなかいいかんじになってきて、みるみるいい方に転がって行ったお話しなことでも、結衣ともども嬉しくなってしまったなぁ。

カレーライスがなぜか落ち着く親子の夕飯にぴったり。

しかし、暗躍する育ての親でもあったか。
まぁ~こうこなくっちゃってものだとしても、経理の仕事がしたいからと言い寄る図太さにも感服であった。
どういう根端であるのか麻子(小池栄子)はってものだけど、ダメよ~!その人、人殺し・・・には、
これまた大変なものをぶっこんできたラストでもあったなぁ。
塀の中の友人だからと陽一(藤木直人)の母のところにいるのもへんなのだが、
いったいこれから何が始まるのか、せっかく母と子らしい関係ができつつあるのに困った事にならなければいいと願うばかりでもある。

麻子への気持ちを隠しもしない結衣の怒る顔も初めて見れたかなぁ。
せっかくやっといいかんじに親子らしくなってきたっていうのに、そこにいては最もいけない人が現れたのだから、そりゃ~怒るのも当然でもある。

どんな思いで麻子が経理の仕事をしたいと思ったのか、次回ですかね。

TOP