SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ホテルコンシェルジュ 第6話(感想)

「消えたサファイアの指輪…疑われた客室係を救え!」

このドラマはずばりカツ丼の大盛りをパクパク食べる塔子(西内まりや)が目当であるのだが、その次にお気に入りの亜里砂(夏菜)の回ってことでも、今回はちょっと見応えがあったかなぁ~とは思う。
そして、相変わらず連携がなされてないような蚊帳の外なのも、なんでだろうか?と不思議になってしまうわけだけど、
天堂季世子(三浦理恵子)の異変に気が付いた亜里砂ってことでも、鷲尾(高橋克典) たちがその理由を知ることになるのに、
なぜか蚊帳の外状態になってしまってる、上司の・・って、不思議っていえば不思議でもあった。
いつも睨みを効かせているという立場なのだけど、連携があってもよさそうなものなのに、不自然でもあった。
しかし、今回はうまいことそのへんのキャラクターをいじっているのは好感触であった。
すぐ裏にいるとも知らないで、面白おかしくいじられているというのは、そういうキャラになっていくということなのであろうか。
そっちの方がかなり面白くなると思う今回でしたね。
ツンツンいじめみたいなキャラになってるよりも、こうのようなキャラの方が似合っていると思う。
やや遅すぎるんだけどね~もう少し早めにこうなってくれたら違っていたと思う。

ちょっとしたさじ加減でよくもなったり、悪くもなったりするようだけど、
このドラマはけっこう伸びしろというものがあると思うことでも、まだまだ生かせてないことがけっこうありそうな気もする。

亜里砂がいつも仲間外れというか、孤立しているように描かれていたのも納得であったのだが、仲間たちの信頼を得ていることもわかったし、他のスタッフも亜里砂の過去がわかったことでもこれからは、もう少し打ち解けた亜里砂も観たいものだとかなり思っうところであったなぁ~。
そうした新たな亜里砂が見うけられなかったラストなようだったので、やや物足りないものになってしまったようだった。
もう、明るい亜里砂になった方いいと思うのだが、観ていても一体感がもっと出ていいことでも、次回からは明るい亜里砂が観たいものだ。

うまくドラマの一体感が出てきたようでもあり、今一つ出てないもどかしさもあった今回でしたね。もやっとしてばかりでもある。

TOP