SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ようこそ、わが家へ 第6話(感想)

「妹は絶対に守る!卑劣なストーカーと直接対決!」

健太(相葉雅紀)の妹を思う気持がよくわかる内容であったことでも、
ちょっとあのラストは、熱いものが湧き上がってきてしまったなぁ~。
危険を察知し自ら盾になる健太には、やはり妹を守ることばかり思い詰めてもダメだよ~としても
とっさだったことでも、なんとも愛を感じるばかりであった。

家で名無しさんを待つ健太と七菜(有村架純)であったのだが、二人の無言の会話が微笑ましくて、愛おしくもあったわけだけど
そのことを暗示していたようでもあった。

面接試験に落ちてしまった七菜エピソードからの、走って探しにいくブランコってことでも
妹思いな健太でいっぱいであったので、あのラストはかなりショックであった。
七菜の兄を心配する声も切ない・・・。

たよりにしているとか言われたら・・兄にしてみれば嬉しいよね~。

今回、立ち向かう勇気を示した健太であったのだが、危険がつきまとうことでもあるから、そこらへんがやはり難しい点でもあったと思う。

会社エピの方もちょっとずつ、攻撃に転換してきているのもいいかんじであった。
なかなかシッポがつかめない真瀬(竹中直人)ではあるけど、強かさもある真瀬もなかなかのツワモノに見えてきたみたい。

f:id:vividlemon:20150522110118p:plain

TOP