SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

大東京トイボックス 第2話 感想

★日テレ、フジテレビのドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

かなり面白いドラマでのめり込んではいるけど、だんだんストーリーが動かなくなるというか、
仙水(福士誠治)の思惑を込めた台詞や設定が多いことからも、いらいら感が漂い始めてもきたかなぁ・・・。

ソリダスを壊すとか、『SOUP(スープ=ソリダスワークスオープンユニバーサルプログラム)』を太陽たちにも絡ませようとする思惑も見えないままであるので、
イライラ感がちょっとばかりシンドイかんじもしてきたみたい。

やはり、百田モモ(足立梨花)をどう生かしてくるかに限ることでも、今一つ今までの流のままのようでもあり、話が進んでいても、盛り上がり感がイマイチだったりすることが、イライラの原因になってくるようでした・・。

というわけで、モモを表に持ってくることが今作の目的であると思うけど、鼻血ネタを「人でなし」っということでも、人でない。。つまり宇宙人設定であるという屁理屈を織り込んでくるとは思わなかったし、月山さんがその話にちょっと噛んでいたっていうことでも、どさくさ紛れみたいだった。(笑)

ポッキーをぼりぼりとか、太陽(要潤)に○○して帰ろうとしただけだと言わしめるところも、ちょっとばかり煮詰まったかってかんじもしてしまったかも。(笑)

明るさばかりがとりえのモモではあるけど、ひらめかなかったら、どうも分が悪くなるというか、あのなんとか弁風な面からもだんだん居場所がなくなってくるようなかんじを受けるので、このへんはやはり、モモらしい斬新な笑で魅せてもらいたい気もしますね。
まぁ~活躍しないとどうも、ういてしまうモモさんみたいだったので、どう絡んでくるのかが見ものともいえるにしても、、、モモが全体的に打ち解けていることでも、バランスが保たれていたし、初回のような面白さをかろじて保っていると言えるとしても、、、物足りなさが、やはりあるみたいでした。

物語がイマイチの場合は感想もえてして、ヨレヨレになってまとめ難くなってしまう。

大東京トイボックス 第1話 感想

TOP