Spring Star★

ドラマの感想を書いてます。

★ちょっと中田ジャパンのことがやってたわけだけど・・そこで世界バレー女子14名を予想。リベロ2人は誰でもいいけど、セッター富永、佐藤さんで、荒木、長岡は健在だろうし、あとの8人はやはり黒後、石井、新鍋、古賀、 鍋谷、奥村、岩坂、島村とほぼ決まり切ってる感があるのが困りもの?
あ、これアジア競技大会とほぼ同じメンバーだけど、古賀でなくて野本になってるけど、まぁ、世界バレーもこんなかんじなんでしょうか♪
<テレビもろくに観てなくてもほぼ予想どうり。w>

警部補 矢部謙三2 第4話 感想

今回ちょっと工夫してきた定番な・・・
謙三(生瀬勝久)を亡き者にしようとたくらむ総監ちかお(大和田伸也)と、
毎度総監と矢部をねたむ玉置浩市(相島一之)の様子が面白かったけど、
もはや、、矢部に惚れるくらい?・・っていうのも面白かったし、、練ってきたなぁ~
と、、、しかし、セーラー服と機関銃な妻仁美(三船美佳)のところも痛快にブレなく面白いところになっていて、
おじい様って、、あのメガネキャラなこの一連の流はテンションが高まるばかり・・・。

今回やっと本筋に絡んできた未来( 畠山彩奈)ちゃんだったので、これまた
テンションが上がるわけだけど、車に忍び込んでの参戦もなかなか面白かった。
というか、今回のような温泉旅館での事件っていうのも、このドラマのホームグランドみたいなものなので、
テンションが高まるばかりで、誰の顔にも化けることができるという内容もこのドラマらしい~かんじが出ていて、
うさん臭くてらしさが出ていたのもよかったところ。

塩と砂糖を間違えるあたりも、このドラマってかんじで、そこが犯人が誰だかわかってしまうという流も、
安直ながらも、未来ちゃんの推理らしくて、よかったなぁ~
今回はそうなると犯人が違うので、2階級昇進はお流れってことにしても、真の犯人らしい男はいったい・・、
まぁそれっぽい話ってことなのだろうか?

警部補 矢部謙三2 第1話 感想
警部補 矢部謙三2 第2話 感想
警部補 矢部謙三2 第3話 感想

TOP