SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ラッキーセブン 第1話(感想)

★日テレ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京とどこでもほぼドラマのホームページで放送後一週間無料視聴できます♪

「新米探偵、女ボスからの初ミッション!」 ★★★★★★/5  HP

ともかく、アクションシーンがすっご~い!!
どうなっているんだろうかって、ちょっと目を凝らして観てしまうほどだったけど、CGでもなさそ~だし、ワイヤーも確か 、みえなかったしで、
『今までのテレビドラマになかったような、見応えたっぷりな華やかな本格的アクションシーンが見せ場』と、
あるようにやはり本格的なアクションシーンに釘付けでした。


文字にして表しきれないほどともかく、感動してしまったけど、
頭の中ではNO1、NO1。。を連呼しちゃっているし、フジはやっぱりすごい!!とか、
今期クール、「最後から2番目の恋」もあるので、ばんざ~い!とか「やればできるんだ」とか、、もうあれこれ花火を打ち上たい気分なんだけど、
さらに、スーパーサイヤ人のような髪型の瑛太にゃ~特に引きつけられてしまったけど、
今までに観たことのないその渋さ、抜けめなさ、ずる賢さというものが出ていて、新たな顔がみれたことがまず、大満足で、まさに瑛太の魅力満載☆というもんでした。

そして、さらに出ている人みんないいかんじで、好きな人ばかりで、
もう、言う事なしそのものなんだけど、
「あいつとケンカしないほがいいな。。」と
新田輝(瑛太)のすごさを知った駿太郎(松本潤)もいいし、
今までになく、蹴っ飛ばされ放題だったり、ぼこぼこにたたかれていたりして、
やはりお高くとはいわないけど、そんな松潤の鼻高ぶりイメージをへし折ってしまう設定は、痛快極まりなくて、見たかったシーンがある意味たくさん盛り込まれているというのも、計算なのかな~とか、
あれこれともかく、駿太郎(松本潤)、新田輝(瑛太)の掛け合い、戦いぶりが魅力的で、大満足でした。

いや~まさしくドラマはこうでなくちゃっという見本でしょうけど、
今までどうしてこういうドラマがなかったのかが不思議なくらい・・。

そういうことで、ぶとんだおもしろさに、興奮してしまったけど、
お話の方は、探偵の仕事の鉄則である請け負った仕事しかしないという理不尽なことに対して、
意を唱える駿太郎(松本潤)が「一人ではできないから、皆で。。」
という絆を弁明に使っていたりすることにくすぐられてしまったり、
そんな駿太郎に何も出来ないくせにと、新田輝(瑛太)のいらいら感だとか、
探偵事務所の面々との掛け合いがおもしろかったので、
どうこれら溶け込んでいくのか、新田輝と折り合いをつけていくのか、
期待したいところ。


大泉洋さん、仲里依紗さんもいい味をだしているし、さらに、
ボス、松嶋菜々子さんがなんとも、似合っていたけど、
警部補佐役の吹石一恵さんも個人的に大好きなので、、もう、
某大河では散々な目にあったので、申しぶんないキャストであることが、、まさしく鬼かなでしょうね。

なんで、、、なんだろうとか。。大河のキャスティングを疑う・・。


そして、番組ホームページを見てみたんだけど、
テーマは「仲間とその絆」とあり、
ターゲットを、F1層(20~34歳の女性)から、全ての層に変えてきたらしいけど、
さらに、「日本中の心をわしづかみにすること間違いなし! 注目度No.1のドラ
マになりそうだ。」
とあって、
まさしく文字通りだったことは、ほんとすごいの一言でした。

今まで月9は、F1層がターゲットだったということで、なんともとんでもなく、
低レベルだったことに納得しきりですね・・。
月9ばんざーい!!
『ラッキーセブン』今期NO1確定です。

TOP