Spring Star★

気ままなドラマ感想

絶対零度 第10話 (感想)

まだ次回は最終回でないのだろうか。。。
やはり追跡劇が毎回見ていると、同じ顔に見えてきてしまい、どうも新鮮味がなくなるみたいですね。
初めの頃はそんなことはなかったけれど、こう毎回張り込みの様子を見ていると、同じように見えてしまうのは、宿命というか、マンネリ化しているかんじです。

その為、事件の真新しさというか熱意やら迫真さといったものがだんだん普通になって、緊張感が伝わらないかんじなんですよね~
そこがこのドラマのweak pointになっちゃっているようです。

考えてみると、他にも追跡劇だけでなく、毎回な様子はいたるところにかんじられるし、やっぱり致命的な演出というかんじが言えるのかもしれません・・・。

追跡劇に、感情や、会話を入れる余地がないということもあるでしょうけど、それが無味乾燥とした絵を作り上げて同じように見えてしまうということは、仕方ないけれども、淡々とした追跡劇ばかりが残ることになりますね。

室長と亀のシーンの飲み物のところも、ちょっとそこだけ空気が違うみたいなかんじ。
それから、確定言葉がばんばん出てくるというのも、なんかなじめないところであり、厚みというものが消えてゆくようで、ある意味そうしたものを削ぎとっていくドラマなんでしょうか。。
あれこれかなり偏見入りの感想になっていますが、まぁ~それぞれのキャストが行かされていないということは言えるでしょうね。
信次郎(桐谷健太)の目の事なんて、ほんの少しだし、内面がぜんぜん描かれていないのも味気ないときたらないです。。(信次郎ばかりでないけれど。。)

ということでやはり、亀をいじめる大森紗英(北川弘美)とか、何気ない会話にすごい新鮮さを感じてしまうわけですが、もっとそこらへんがみたいんですよね~

ここ2~3話のラストへ向かうあたりは、サンタさんや、畑山が現れたので、、けっこう厚みが出たかんじで見入ってしまいますが、しかし、、悪人の内面は描くんですよね。。(笑)

ともかく、亀×畑山の会話が楽しめたし、あのラストのところなんか、何?
畑山が指定したところにサンタさん。で、畑山が知らん顔って・・・。
畑山は何をたくらんでいるのか、こうも意表をつかれるのもよかったところで、さらに!!
亀が、畑山の微妙な違和感のようなものを察したあのラストの顔がまた。。。
よかったです。

もう、シリアスな亀さんは、はじめてみるかんじで、今までにみせたことない顔してたようでした。
ほんのワンカットでこうも違う顔が見れるのも、絶対零度ならではだと思いますね。
上戸彩さんはまだ知らない顔を持っている人だと今回を見て、そう思えてならないです。
足かせになっているものがあるような気もしてくるかんじ。

絶対零度~未解決事件特命捜査~DVD-BOX

絶対零度~未解決事件特命捜査~DVD-BOX

TOP