SpringStar★

勝手気ままなドラマ感想記

ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~ 第1話 感想

f:id:vividlemon:20171021094716j:plain

ネットでこのドラマが期待できるという記事を観たことでも、気になっていたのだが、
やはり期待していてよかった。
8時台ということでもあまりテレビを観る習慣もないので、良いドラマを見過ごすところであった。
観終わって気がついたけど、コレ「最後から二番目の恋」の岡田惠和さんの脚本なんだね~。
いや~私にぴったり合ってるわけだ。(笑)
どこかゆったりしていて、人と人が関わっていくお話しでもあるので、
やはり、最後から二番目の恋にも似ているなぁ~。
テレビ東京ってことでも、よくわからんけど岡田さんのドラマってないと思うことでも、知らない人がけっこういそうでもある。

普通ならテレ東意外の放送局で作られそうなドラマでもあるよね。

だいたいの作りはやはり「最後から二番目の恋」と同じヒューマンコメディーってことですね。
まぁ、こちらの舞台が寂れた港町でもあることから、穏やか~に進行していくというところが味噌かなぁ。
しかし、お仕事ドラマってことでもスピード感もあるという・・かんじで、
緩急しっかりある作りにもなってますね。

ユニバーサル広告社のお決まり事として、
セクハラをしたらお昼を奢るっていうのも可笑しかった。

急に広告を作り直すことになったが、沢村一樹さんがコピーライターの役所。
そして、要潤さんがデザイナー役であるけど、テレ東のゲームドラマでも出ていたことでも、慣れた役どころであるかなぁ。
事務担当は片瀬那奈さんで結婚式場からの電話を受けたが、声のトーンから相手の気持ちを数字化して社長に伝えるというのも面白かった。
この方、足なんかスラ~と伸びていて、ほんとスタイルがよいなぁ。
片瀬さんというとカエルの王女さまでも寂れた街が舞台であったことでも、
今回も慣れたものってことですね。
町内放送をしてもいたけど、この町にも町内放送担当の人がおる・・。(笑)

そして、社長が三宅裕司。特にこの方はあまりドラマでは、、

あったあった、

朝ドラ「ひよっこ」・・
繋がりってことですね。(笑)

2人ひよっこ組がおるのか?

そんでもって港町の飲食店の・・純喫茶「ジュルビアン」看板娘役が、和久井映見さん。
お~この方もひよっこ組ですな。

・・朝ドラ「ひよっこ」あんまり見てなかったんだけど、そういえば変な人が鳥ちゃんの人形のところにおったおった。(笑)
誰かさんと結ばれたのかよ~わからんけどそんなところ。(笑)

ありゃ~~このドラマけっこうこうしてみると、ひよっこの方がけっこういるじゃん!!
コック役であった、やついいちろうさんもんだね。

ほぼひよっこが引っ越して来たようなもの。(笑)
これはもうチームワークは完璧でしょう~♪

脚本家さまもキャストの方もひよっこの面々ばかり♪

最後から二番目の恋のような落ち着いた雰囲気ってことでも、なんか見慣れたようなかんじがあったんだよね。

まぁ、あえてキャスト的な問題点というと・・・
一点だけあると思うけど、そう!若い娘がおらん!(笑)
まぁ、おいおい出てくるんでしょうけどね。(笑)
できたら・・そう!!やはり「ひよっこ」からお願いしたいもの。w

で、さくら(和久井映見)を通して、ユニバーサル広告社の仕事風景が描かれていたけど、ザ・お仕事ドラマ・・というかんじになってないのが、味噌でもあるかなぁ。

肩書はヒューマンコメディー。

さくらは広告の仕事にかなり興味があったようだが、今回さらに救世主となっていたのもよかった。
高齢者の結婚ってことでもそのコンセプトに悩んでいたけど、
さくらの理想の結婚式とはどんなものか、杉山利史(沢村一樹)が聞き出した答えが・・
まさに杉山たちが求めていたものでもあったんだよね。

 

「派手じゃないけど、可愛く、華やかに」がいいなぁ。(さくら)


で、完成したキャッチコピーはなんとも素敵な言葉でもありました。
ちょっと痛快♪

 

「人生の花は いつ咲いても美しい。」

ブラボ~~♪

TOP