読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SpringStar★

ドラマの感想を主に書いてます。

はじめまして、愛しています。 第6話(感想)

はじめまして、愛しています。 2016夏ドラマ感想

ハジメ(横山歩)のあの行動には意外であったが、イジメる二人をあのようなカタチでうまいこと治めるのも、なんか出来過ぎ君になってしまって、違和感であった。
いくらなんでも出来過ぎ君になってしまっていたが、ハジメの物語はこれからいい子目線で展開するってわけかなぁ?
それでもっての、、ハジメの生みの親登場とは、ベタな展開でもあったと思う。(笑)
しかし、、富田靖子さん登場ってことでも、、盛り上がりそう~だなぁ。

まさか実の母親が登場するようなベタな展開になるとは思ってもみなかったわけだけど、そうしてみると、このドラマ、意外と普通なベタなドラマなかんじでもあると思う。
親が登場してきたことでも、、今までの流れと違うものを感じるのだが、それはそれこれはこれってかんじですかね。
ネタ切りともとれるけど、、ベタな内容にならなければいいのだが・・。

ともあれなんであれ、、登場人物も賑やかになってきたことでも、面白くなってきた。
巧(速水もこみち)パートの 岡本玲さんであるとか、実の母の富田靖子さんだとか、、幼稚園の先生の大西礼芳さんも、じ~と見つめてしまったなぁ。
好みなパートが増えてきたことでも、いいかんじになってきた。
ハジメのお利口さんなのが、初めの頃がひどかったことでも、、違和感にかんじられたけど、これはこれで気持ち悪いというかんじもあるかなぁ~。

悪い子でもいい子過ぎても、居心地の悪さは残るばかりだ。ほんとハジメはこんな成長の仕方でいいのだろうかと、、心配になるほど理想を通り越したいい子過ぎる。

一体何を企んでいるのかわからんが、、どう見せていくというのだろう。

広告を非表示にする