SpringStar★

ドラマ感想日記~拘りを持たず程よく頑張る。ゆっくり急ぐ。

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし 第2話(感想)寅さん映画のようなかんじ?

f:id:vividlemon:20211109075309j:plain

エリコ(木村多江)と美穂(安藤玉恵)が一緒に暮らすことになったが、

のほほんとした雰囲気は、そのような演出なのか、それともお二人がそのようなものなのかは、なんだかわからないのだけど、、
そこに言及するのも意味もないので止めとくとして・・。
ともあれのほほんっていうかんじは、ちょっと薄味、ちょっと味気ない、ちょっと起伏があまりないようなことでも、、面白みに欠けるようでもあった。

しかし・・・

美穂が来てくれて嬉し過ぎるエリコだったり、
ちょっと姉の顔が煩く感じ始めた美穂だったり、
2人の共同生活は思うようにはいかないというのも、なんだか微笑ましさが感じられたみたいでもあったなぁ。


っていうか、客観的な作りになってる?
2人の生活の様子を淡々と外から見てるような作りになってるかね?
なんだか、薄味ってかんじはそこから来てるのかもなぁ~ともなったみたい。

街に溶け込み、人に溶け込んでる姉妹の様子とか・・。
中華のお店や大家さんやお隣さんが絡んでくる様子とか、
寅さんのような日本映画ってかんじになってるようでもあったかなぁ。

ちょっとドラマではあまり感じられない作りになっていたことでも、そんなものが感じられたわけだけど、馴染むまで時間がかかるのかもしれないね~。
ちょっと薄味気味だとしても、しっかりとして2人の思いというものもあるし、
次回ももう少し様子見かなぁ。

TOP