SpringStar★

ドラマ感想日記~拘りを持たず頑張りすぎず自分らしく生きてるだけで丸儲け~

今ここにある危機とぼくの好感度について 第1話(感想)

f:id:vividlemon:20210425062434j:plain

決して正論は言わない、正論は悪という視点で描かれているのが面白い。
ともあれ何も言わない神崎真(松坂桃李)が興味深かったなぁ。
なかなか的を得ていると感心してしまったが、
あれこれ物事に対して見解を示すと、攻撃を受けるリスクがあるからね。(笑)
うんうん。

総長の三芳松重豊)が泣き出したのは意外でもあったのだが、
大学という場所からしてまさに正論。
木嶋みのり(鈴木杏)の感極まる発言なことでも、
そうなってくれてよかったともなったよ~。

木嶋みのり(鈴木杏)の決意たるやあっぱれだ。
声を大にして世の中のそんなものを、ぶっ壊していってもらいたいとなったなぁ。

そして、もみ消しにまわる大学理事たちの圧力を駆使する様子も可笑しかったのだが、
ブラックというイメージもなくってスルスル心地よいくらいでもあったけど、
重鎮たちといった須田(國村隼)たちに囲まれたら、さすがに何も言えたものではない。(笑)

今作、渡辺あやさんのオリジナル脚本ということでも、
ほんと原作などないから見応えもなんだかあってよかった。

NHKらしい重厚感があるのもよかったので、次回大きく期待したい♪

TOP