SpringStar★

ドラマ感想日記~拘りを持たず頑張りすぎず自分らしく生きてるだけで丸儲け~

珈琲いかがでしょう 第1話(感想)今期コロナ疲れを癒すドラマが多発♪

f:id:vividlemon:20210406022253j:plain

初回、一人キャンプで食って寝るの夏帆さんってことでも、さらに主演が中村倫也さんってことでも喜々として視聴♪
どうも今期のテレ東さんって同じようなテーマがあるように思ったのだが、

つまり、木曜深夜の「ゆるキャン△2」での大判焼き屋さんの前に書かれていたキャッチコピー・・・
「人生ゆっくりおもしろく。」ってかんじが強いね。

(ゆっくりと人間味を大切にって点は月9もでもあるけど・・。)
(コロナ疲れもあることでも心に沁みるドラマが多い模様。)

とにかく緩く温かい時間が流れ・・・
ゆったり時間を費やした本物の珈琲を頂いちゃうというのがいいね。

ちょっと足すだけでカフェオレの味が見違えるほど変わったり・・・
ちょっと普段と違うことをするだけで未知の世界が広がるという・・
2部の「死にたがり珈琲」でもあったが、
1部の「人情珈琲」よりも物語性が感じられたようでなんだかよかったなぁ。

そのうちに何時か旅にも出ようとか・・
何かをしようと思っていても・・・
日々の忙しさに疲れ果て、いつしか退屈なだけの変わり映えしない暗い日々が続いてしまいがち。

ちょっと足を延ばせば知らなかった世界が開ける。

私が今生活している世界は、単なる狭い視点で観ているだけの世界なんだろうなぁ~て・・・、
なんだか感慨深かった。
美咲(貫地谷しほり)のこれからの変化も観たい気もした。

1部の志麻(夏帆)もよかったわけだけど、
字を奇麗に書けることの素晴らしさは、やはり思い知らされたなぁ。

印刷した文字などはほんと味気ないけど、
やはり、どんなに時代が変わろうと、人が書く文字が奇麗だと心動かされますね。

見た目の仕事の速さとか、合理的なものの良さはあるとしても、
心が伴わなければ意味がなく味気ない。
いつしか人間性も失われがちでもある。

そして、いつもニコニコゆったりと珈琲を淹れる青山一(中村倫也)もやはりよかった。

TOP